海外旅行

User image 1 たーぼーさん 2017年03月19日 10時16分

万引き等で前歴または前科がある人間は海外旅行は簡単にはできないんでしょうか?(特にアメリカ)

    一般論としては、アメリカ入国の際のビザ申請に当たっては、前歴・前科がある場合には審査が厳しくなるようです。
    ただし、個別の判断になるため、資料の手配等入念に準備した上でビザの申請を行なった方がよいようです。

    具体的にどのような準備が必要かについては、前科・前歴がある人のアメリカへのビザ申請に強い行政書士の方に依頼頂いた方がよいでしょう。

2017年03月19日 18時49分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

略式裁判で起訴されました。

犯罪・刑事事件 2017年05月26日

略式裁判で略式命令を受け、起訴されました。 罰金を30万程納め、一件落着したのですが、 この場合、起訴されているので、将来年金の減額など受けるのでしょうか? 他にも受ける影響などありましたら教えてください。 宜しくお願い致します。

虚偽の名刺作成と使用が発覚。どのような罪になるか。

犯罪・刑事事件 2017年05月12日

親会社(A)の執行役員で子会社(B)の取締常務執行役員を兼務する役員が、親会社(A)の取締役常務執行役員という肩書でクライアント対応していることが発覚しました。外にも知人の会社をコンペにいれたり過剰に接待ゴルフをしたりとノーチェックを...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

犯罪・刑事事件に強い弁護士

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回相談無料】ご依頼者様の心の平穏のため,全力で弁護させていただきます。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

ページ
トップへ