クライアントのギャラの不払いについて。

User image 1 桜餅さん 2017年04月18日 06時58分

以前フリーのデザイナーとしてウェブの仕事をしていました。
その時のクライアントのギャラの不払いに困っています。

そのクライアントとは10年以上前にも数年間仕事をしており、産休後しばらくして、先方から電話があり仕事を再開しました。
長年の付き合いがありましたので、毎月のギャラは口約束で決まり、請求書を出さなくても毎月25日に振り込みをしてくれていました。

それから数年間後ショップの売り上げが悪くなり、ギャラの振り込みがない月がありました。
1度目は数ヶ月遅れで支払ってくれたのですが、それ以降3ヶ月不払いが続きました。
長年の付き合いもあったので、売り上げが上がれば支払ってもらえると信じ頑張ってきました。

しかし振り込んでもらえないので、支払いをしてもらえないなら残念ですがこれ以上はお手伝いできないと話をし、手を引きました。

先方は電話で凄く謝ってきて「絶対に損はさせません。少しずつでも払っていきます。でも他にも借金があり今は1000円さえ厳しい」と言っていました。
その言葉を信じて待っていましたが、数ヶ月経っても連絡がないので何度も電話やメールをしましたが、何の音沙汰もなく約1年が経ちました。
ある日たまたまクライアント個人のフェイスブックをみたら、ホテルのランチや、美味しいものを食べたくなり遠出して豪華な食事をしている写真がたくさん掲載されていました。
どう考えてもその日の1000円さえ困っている生活には見えませんでした。

未払金さえ払ってもらえればどういう生活をしていようが自由です。
でもあまりの腹立たしさに、先月、4月中に支払ってもらえなければ法的手段をとると内容証明を送りました。

現在連絡もなく振り込みもないので支払う気がないようです。
本当に低額訴訟をした場合、口約束でのギャラの未払金は回収出来るのでしょうか?
何か証拠を揃えた方がいいのでしょうか?

もし他にいい方法がありましたら是非ともお力をお貸し下さい。助けて下さい。

債権の発生原因。
どういう理由であなたが相手に未払い金を持ってるのか。
契約書がないので詳しく説明する必要があるね。
一回弁護士から催告書を出してもらうのも
一つの方法だね。
弁護士から出せば、相手も裁判になる予感が
するので、連絡して来るかもしれないし。

2017年04月18日 09時29分

本件は請負契約に当たると思いますが、業務内容及び報酬額・支払時期に関する合意、並びに業務の実施(納品)について立証する必要があります。

毎月報酬額がほぼ定額であったという事であれば、注文及び納品の事実を立証できれば相当額の報酬を認定できる可能性はありますが、内容にもよります。

また、仮に勝訴したとして、相手方が任意に支払いを行なわない場合、資産調査して差押を行なう必要があります。

ただ、現時点では、まず請負契約の成立に関する証拠をそろえる必要があるでしょう。

2017年04月18日 09時50分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

アダルトな本やゲームを入れた袋が透けていた

犯罪・刑事事件 2019年12月30日

お恥ずかしい話ですが18禁のアダルトな本やゲームをかった後コンビニに入ったのですが、買い物を終えた後、本やゲームが入った袋が少し透けていたのに気づきました。 また上から表紙が少し見えていたのですが これらは公然ワイセツやわいせつ物頒布...

免許更新の時どうなりますか?

犯罪・刑事事件 2019年12月24日

以前にも質問させていただきました。半年以上前学校運動場へ侵入(侵入以外何もしていない・防犯カメラには写っている)してしまった件で、色々な相談サイトで相談したところ、おそらく逮捕などの可能性は低いだろう、そもそも事件化されていないかも、...

犯罪:同性の盗撮での罪名と損害賠償

犯罪・刑事事件 2019年12月20日

宜しくお願い致します 誰でも簡単に写真が撮れてSNSにアップロードできる時代です 多くの人が同意なく他人の写真をSNSに掲載して居り、マナー違反の自覚はあれど犯罪の意識は薄くなっていると思われます 女性の友人が一般の女性の方を無断撮影...

建造物侵入窃盗未遂?

犯罪・刑事事件 2019年12月11日

夜、建造物敷地内に侵入し、窃盗意思なく、ドアノブを回すなどの行為をした場合、また、侵入は防犯カメラに映っている、ドアノブを回す行為は映っているか微妙な場合、 1 建造物侵入罪には該当すると思いますが、窃盗未遂には該当しますか? 2 公...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ