偽証に関しての罪についての質問です

User image 1 ルーチェさん 2018年03月29日 20時48分

私は、半年くらい前に、当時大学生時代に交際していた男性からひどい暴力(場合によっては、私の命の危険性を感じた)、交際を強要するような脅迫およびお金をだまし取られたりなどの犯罪被害を受けていました。その時に暴力によってできたあざやケガなどで病院の先生に診てもらったうえ、暴力被害などにあっていることを相談したところ医師の診断書を受けたうえに、脅迫の内容の手紙などの証拠があるため警察に被害届を出そうと思いましたが、その時に交際している男性から、「警察に訴えれば、私に対して殺人未遂の罪で訴える」と脅されてしまいました。この時は、上記の通り交際男性からの犯罪受けていたため「このまま彼の犯罪行為を許すわけにはいかない」と思い警察に相談しようと思いました。しかし、交際男性が実際にありもしない犯罪で私のことを警察に相談することを告げ口みたいに言われたことで、私にはどうしたらよいかわからない状態でした。実際、私の方には犯罪被害を受けたとする診断書や脅迫の内容の手紙などの具体的な証拠があるのに対して、交際男性の方では「私が彼を殺そうとした」という主張と、あろうことか彼の後輩の嘘の証言だけです。実際、彼から暴力などの犯罪行為をしたときは男性宅で行われていました。しかし、彼の後輩は犯行行為をした場所は知らないところか、いつ・どこでということと、もし私が彼を殺人を行おうとしたなら凶器などが具体的に判明していないことがありました。

先生方に2つ質問があります。
1.もし今の時点で、私と彼が同時にお互いの犯罪被害に対して警察に被害届を出した場合、その場合では、警察の対応につきましては、法律上どのような対応になりますか?
2.もし、この段階で警察の方での捜査などで、私が犯罪を犯した事実がないのに、交際男性が私が殺人未遂などのでっち上げた罪で言った上に彼の後輩のうその証言およびにうその証拠品の上に、警察が私に対して取り調べをした際に「彼から、私が警察に訴えれば、私に対して殺人未遂の罪で訴えると脅されていた」ということを私が発言した場合、交際男性と彼の後輩に対しては、偽証したこととおよび私に対しての嘘の告発に対しては、法律上どのような罪に問われますか?
一歩間違えれば、冤罪になることが問題視されます。

1.具体的な証拠があれば貴殿については被害届を受理するかもしれませんが、相手方については本人の供述だけでは被害届を受理しない可能性の方が高いのではないかと思います。
 ただ、貴殿についても、被害発生から半年経過しているとなると、被害届の受理については慎重になる可能性があります。

2.①相手方の言動については、貴殿への脅迫罪が成立する可能性があります。
②相手方が実際に、虚偽の事実に基づき殺人未遂罪での告訴等を行なえば、法的には虚偽告訴罪が成立します。貴殿への言動のみで成立するわけではありません。
③刑法上の偽証罪は、法廷で宣誓の上で虚偽の陳述を行なった場合に成立します。その他、国会での証人喚問における偽証罪について議院証言法上同様の規定がありますが、虚偽の供述を行なった場合に常に「偽証罪」が成立するわけではありません。

2018年03月29日 21時23分
補足質問
User image 1

ルーチェ - 2018年03月29日 22時10分

ご回答ありがとうございます。
参考程度でございますが、追加で質問したいことがあります。
1.先生の方では、暴行の被害発生してから半年経過していることになると、被害届の受理については慎重になる可能性があります。との意見がありましたが、警察の被害届を提出する時期については、被害が発生してからどれくらいの時期に提出しなければなりませんか?
2.虚偽告訴罪についてですが、もし仮に交際男性が実際に、虚偽の事実に基づき殺人未遂罪での告訴等などのなかで、私が彼を実際に殺人未遂を行っていないということの実際に私の発言のみだけではなく、具体的な証拠な証拠があるうえで、この証拠品を警察に提出することは可能の場合、交際男性が私に対しての嘘の告発をしたとする証明ができたとしたら、法律上ではこの交際男性に対してどのように罰せられますか。
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2018年03月29日 22時20分

1.できる限り被害発生直後に届出するのが望ましいですが、今から届出するのであれば、お手持ちの資料のほか、すぐに届出しなかった理由について担当警察官を説得できるように説明する必要があるでしょう。
2.色々仮定がなされていますが、虚偽告訴罪は捜査官に対して虚偽の告訴等を行なった事が要件であるため、上記の通り、相手方の貴殿に対する言動は脅迫罪等の問題であり、相手方が実際に捜査機関に虚偽の告訴・告発等を行なった場合に虚偽告訴罪の成否が問題となります。
補足質問
User image 1

ルーチェ - 2018年03月30日 06時33分

回答ありがとうございます。
半年前に警察に被害届を届出しなかった理由については、半年の間に交際相手に訴えられないように脅迫および私の行動を監視するなどの行為などをしたためです。このような説明ではだめでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2018年03月30日 09時20分

その点は、実際に担当警察官とお話ししてみないと明確には分かりませんので、所轄の(半年前に暴行が行われた地の最寄りの)警察署にご相談に行かれた方がよいと思います。暴行が行われた地が遠方の場合には、まず最寄りの警察署にご相談いただく方法が考えられます。
なお、無料相談の関係上、ご回答は以上にて終了とさせて頂きます。
お礼メッセージ

とても参考になりました。
近いうちに近くの警察に両親とともに犯罪被害に対しての相談したうえで、被害届を提出できることが確認したいと思います
法律上わからないことがありましたので、何度も質問したことに対して適切な回答をしていただきありがとうございます。

あなたのほうを事件として立件するでしょう。
かれのほうは、あなたが言ってるように裏がないので
事件になりません。
かれは、誣告罪という罪になりますね。
慰謝料請求もできますね。
進めていいと思います。

2018年03月30日 09時46分
お礼メッセージ

回答ありがとうございます。
近いうちに具体的な証拠を持参したうえで両親とともに警察に相談したうえで、被害届を出したいと思います。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

検察庁より2回目の呼び出し

犯罪・刑事事件 2018年04月16日

約1ヶ月ほど前に著作権法違反で検察庁に出向き取り調べを受け略式請書に署名押印して帰宅してきました。 先日、改めて検察庁から電話があり、『書いてもらいたい書類があるので、印鑑と身分を証明出来る物を持参して下さい。約一時間程です』とのこと...

2ヶ月前に弟から殴られた。診断書はないが告訴したい。警察は取り合ってくださるのでしょうか。

犯罪・刑事事件 2018年01月29日

この度、私の実の弟につきまして、 ご相談させていただきたく存じます。 私は現在、父、母、祖母、姉、弟と暮らしております。 2ヶ月前に弟から 「変な目でいつもみてやがって」や「いつも気持ちが悪いと思っているんだろう」と 勝手な思い込みで...

青少年保護育成条例について

犯罪・刑事事件 2018年01月19日

青少年保護育成条例で娘(15)の彼氏(18)を訴えるべきでしょうか、ちなみに彼氏は高校3年生です。 もし青少年保護育成条例で訴えるとすれば娘に対しても長時間の聴取や裁判で何日も拘束されたりするのでしょうか? また上記の件で訴えると彼氏...

2年前の盗撮を今になって訴えられる可能性はあるのでしょうか?

犯罪・刑事事件 2018年01月18日

2年くらい前に何度か女性の写真をイタズラ心で撮り、その中で1度みつかってその時はデータの消去などで示談しました。(示談書とかはかかず) こういう場合後から訴えられて罪になる可能性はあるのでしょうか。 またその場合の刑事と民事の場合の期...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

犯罪・刑事事件に強い弁護士

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【元裁判官による最良の弁護!】【初回電話相談無料】【お気軽にお電話ください】元裁判官が,依頼者様のため全力で弁...

【初回法律相談30分無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にお問い合わせください。

【初回法律相談30分無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

ページ
トップへ