向かいのマンションからの盗撮を止めさせたい

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 ワンルームマンションの2階で、一人暮らしをしています。ベランダ付きのワンルームで、ベランダからはお向かいのアパートの窓がよく見えます。2階には、私だけが住んでいます。
 さて、1年程前から、そのお向かいのアパートの男性が、毎日私の生活をビデオカメラで撮影するようになりました。盗撮というにはあまりに堂々としているし、私のほうも布団を干しにベランダへ出る以外、カーテンは閉めたままにしているので、なぜいつもそこで待機して撮影し続けているのかわかりません。警察に相談に行ったところ、しばらく様子を見るようにと言われました。
 窓を開けるとカメラを構えた男性の姿が目に入るのが非常に不愉快ですし、何のために私の生活を撮影し続けているのか、恐怖を感じます。法的手段に訴えるには、どんな証拠を得たらよいのでしょうか?

(30代:女性)

匿名弁護士

 正当な理由がないのに、他人の住居等、人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見る行為は、軽犯罪法1条23号にあたり、拘留または科料に処せられます。
 覗く方法は特に限定されていません。直接覗き見るもの、双眼鏡を使うもの、あなたのケースのようにビデオで取る方法なども含まれます。

 取りうる手段としては、まずは何らかの形で、「あなたの行為で迷惑しています。止めてください」と知らせることです。内容証明郵便を使ってもいいでしょう。特に女性の一人暮らしの場合には、このような行為がエスカレートして重大犯罪に発展する可能性がありますから、早急に対応したほうがいいと思います。

 また、警察に相談したことがあるのなら、その後も盗撮が続いていることを報告に行き、被害届を出します。
 その際の注意ですが、警察にはいろいろな苦情が持ち込まれるため、一度ではなかなか動いてくれません。被害を受けていることが証明できるような資料があれば動きやすいので、盗撮しているところを写した写真や時間などの記録を取っておくといいと思います。「特定の女性を撮影しているのではなく、何となく周囲の風景を撮影しているのだ」などと主張してくるかもしれませんから、あなたが撮影対象になっていることを他人に納得してもらえるような資料を用意することが大切です。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

未成年との性行為について

性犯罪 2018年01月08日

私は現大学4年生の22歳です。先日アルバイト先の女子高生16歳の方と性行為をしてしまいました。お互い付き合ってないのですが、相手の方が私の自宅に来た際に雰囲気で行為をしてしまいました。 その方には好意を持っており行為をする前に真剣な交...

強姦未遂にあった女性です。元夫が犯人からお金を受け取っているようなのですが…

性犯罪 2017年12月21日

今年の5月に強姦未遂に2度ほど合いました。 犯人は私の友人男性です。 当時私には夫がおり(今年9月に離婚しました)、8月より夫が犯人から慰謝料?迷惑料?としてお金を受け取っています。 警察には行っておりません。弁護士も通してないです。...

デリヘルの体験入店で、お客さんに無理やり本番行為をされました。警察へは、被害届を出しましたが、慰謝料を取ることは可能でしょうか?

性犯罪 2017年12月19日

私は、訳あってお金を用意するためにデリヘルの体験入店にいきました。 きちんと、警察より許可を取ったお店で許可書や、説明など30分ほど受け、お客様に始めてつきました。 デリヘルですので、ラブホテルへ行きました。 相手も私が素人だとわかっ...

強制わいせつ罪の被害者ですが、相手の弁護士から電話がくるそうです。どうすればいいのでしょうか?

性犯罪 2017年12月13日

つい先日、強制わいせつ事件の被害者になりました。 弁護士との話し合いがあるそうなのですが、これからどうなっていくのでしょう。 明け方、自転車での帰宅途中に、男性から声をかけられ、羽交い絞めに会い、むりやり胸と陰部を少し触られ、 車に押...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

性犯罪に強い弁護士

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

【初回法律相談30分無料】しっかりとお話を伺い,適切な解決策をご案内します。

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

【初回相談無料】元裁判官の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

ページ
トップへ