執行猶予判決後、逮捕前に犯した事件が発覚!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月25日 20時28分

 刑事裁判で判決が出た後に逮捕前の事件が出てきたら、執行猶予になっている場合は執行猶予が取り消しになるのですか?

 実刑で刑務所にいる場合、また裁判をして刑期をプラスされるのですか?



(20代:女性)

匿名弁護士

    一、相談前段について



     執行猶予とは、裁判所が刑の言渡をする場合に、一定の条件の下に、一定期間(1年以上5年以下)、その刑の執行を猶予する制度のことです(詳しくは、「法律用語・執行猶予」を参照してください)。

     執行猶予は、一定の事由がある場合に取り消されます。取消決定が確定すると、判決で言い渡された刑罰が現実に執行されることになります。

     執行猶予の取消には、必ず取り消される場合(必要的取消事由)と取り消すことができる場合(任意的取消事由)があります。



     必要的取消事由刑法26条)は以下の3つです。




    1. 予期間中にさらに罪を犯して執行猶予がつかない禁錮以上の刑に処せられたとき。

    2. 猶予の判決確定前に犯した罪について執行猶予がつかない禁錮以上の刑に処せられたとき。

    3. 猶予の判決確定前に、他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。ただし、25条1項2号に該当する者及び第26条の2第3号に該当するときを除く。



     任意的取消事由刑法26条の2)は以下の3つです。




    1. 猶予期間中にさらに罪を犯して罰金刑に処せられたとき。

    2. 保護観察付きの執行猶予になった者が遵守事項を遵守せず、情状が重いとき。

    3. 猶予の判決確定前に、他の罪について執行猶予付きの禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。



     相談の「刑事裁判で判決が出た後に逮捕前の事件が出てきたら」のうちの「逮捕前の事件」とは上記必要的取消事由の(2)「猶予の判決確定前に犯した罪」にあたると思われます。

     したがって、「逮捕前の事件」について「執行猶予がつかない禁錮以上の刑に処せられたとき」(刑法26条2号)には執行猶予が必ず取り消されることになります。



    二、相談後段について



     法は、裁判を経た罪と未だ裁判を経ていない罪がある時の処理について以下のように規定しています。

     すなわち、このような場合には、裁判を経ていない罪についてさらに判断がなされ(刑法50条)、裁判を経ている罪と経ていない罪の刑を合わせて執行する(刑法51条本文)と規定されています。

     その上で、懲役・禁錮刑については、その最も重い罪について定めた刑の長期にその半数を加えたものを超えることができないという制限などを設けています(刑法51条2項同1項但書参照)。

     したがって、「刑事裁判で判決が出た後に逮捕前の事件が出てき」た場合で、かつ「実刑で刑務所にいる場合」には、さらに裁判をして一定の制限付で刑期がプラスされることになります。

2015年06月25日 20時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

執行猶予中の弟(無職)の執行猶予を取り消す訴訟を起こしたい

執行猶予 2017年06月06日

窃盗で執行猶予中の43歳の弟は、仕事を辞め、家でぶらぶらしている状態。祖母や母の年金を恐喝同様の手口でむしりとり、自己破産しているにもかかわらず、現在の借金を繰り返し、支払いを母や高齢の祖母に押し付けている状態。祖母のカードを無断使用...

執行猶予期間の職業制限について

執行猶予 2017年02月07日

はじめまして。 私は、保険代理店を店主として属していましたが、 大麻取締法違反により、執行猶予3年の判決となり、 現在執行猶予期間中です。 今後の就職について、損害保険、生命保険の募集がありましたが、執行猶予期間中に会社に発覚したり、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

執行猶予に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

刑事事件を主に取り扱っています。

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

ページ
トップへ