控訴審と執行猶予について

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 友人(インドネシア人)が現在公判中です。論告求刑で懲役3年6ヶ月及び150万円の罰金を言い渡されました
  起訴事実の一部は認めているもの、他の起訴事実は否認しています。
  もし、判決で実刑が確定した場合、控訴したいと家族は言っていますが、控訴して、執行猶予となる可能性はあるのでしょうか?控訴したい理由は、刑があまりにも重く、国に残してきた子供達のためにも、帰国してもらいたいということです。
  今回、国選弁護士さんにお願いしておりますが、控訴となった場合、同じ弁護士さんなのか、別の弁護士さんにお願いするのか、別の場合、国選弁護人になるのか、それとも私選弁護人になるのでしょうか。
  また、控訴審が始まるまでの期間は普通どのくらいかかるのでしょうか?

(40代:女性)

関連Q&A

執行猶予期間の職業制限について

執行猶予 2017年02月07日

はじめまして。 私は、保険代理店を店主として属していましたが、 大麻取締法違反により、執行猶予3年の判決となり、 現在執行猶予期間中です。 今後の就職について、損害保険、生命保険の募集がありましたが、執行猶予期間中に会社に発覚したり、...

執行猶予の条件

執行猶予 2016年06月11日

テレビなどで判決の言渡しを見ていると、執行猶予がつく場合が結構あるようです。どのような場合に執行猶予がつくのでしょうか。前科がないだとか、いろいろと条件があると思うのですが。(20代:男性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、控訴して執行猶予となる可能性があるかについては、あなたのご友人の起訴事実や否認の内容、前科の有無や家族関係等の詳細な内容が判らないので、残念ながら何とも申し上げられません。一般論としては、罰金に執行猶予がつくことは殆どありませんが、3年以下の懲役であれば法律上執行猶予が付けられますので、懲役3年6ヶ月の求刑であったのであれば、懲役に関しては判決で3年程度に短縮された上で執行猶予が付く可能性もあるでしょう。
      次に、控訴審の弁護人については、第1審と控訴審とは別々の裁判なので、第1審の時の国選弁護人が自動的に控訴審をも担当する訳ではありません。控訴審でも国選弁護人を希望した場合、新たに別の国選弁護人が選ばれます。第1審が国選弁護人であったかどうかに関わらず、希望すれば控訴審で私選弁護人にお願いすることもできます。
      そして、控訴審が始まるまでの期間ですが、(1)第1審判決宣告後控訴できるまでの期間が14日間(刑事訴訟法第372条)、(2)控訴した後、裁判所の規則で定められた控訴趣意書提出期間までが21日間以上(同法376条1項。刑事訴訟法規則第236条)、(3)控訴趣意書提出後第1回公判廷までの期間、を合計した期間という事になります。事件にもよりますが、第1審判決の約3ヶ月程度後になることが多いのではないかと思います。

2014年01月07日

執行猶予に強い弁護士

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【吹田市】JR吹田駅中央口すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ