執行猶予中でも就職できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月25日 20時21分

 私は、懲役1年・執行猶予3年の刑をうけています。 現在、会社もやめ就職活動中です。 就職の応募条件に「禁固刑以上の刑に処せられ、その執行を終えていない又はその執行を今後受けることになっている方は応募できません。」とあります。執行猶予はこれに該当するのでしょうか?


(50代:男性)

匿名弁護士

     執行猶予はそれに該当しないので、応募できると考えられます。


     執行猶予とは、犯情などにより、必ずしも現実的な刑の執行を必要としない場合に、一定期間刑の執行を猶予し、その猶予期間を無事に経過したときは、刑罰権自体を消滅させるという制度です(刑法25条1項)。

     
    あなたの場合、懲役1年・執行猶予3年の判決が出たということなので、刑務所に入らず、普段どおりに日常生活を送れます。3年の執行猶予期間中、罪を犯さずに過ごせば、その罪について刑罰を受けることはなくなります。

     
    ただ、執行猶予期間中に重ねて罪を犯すと、執行猶予が取消され、刑に処せられてしまう可能性があります(刑法26条26条の2)。


     また、執行猶予期間中であることで、資格が制限される場合もあります。

     
    たとえば、国家公務員などは、職員の欠格条項に、「禁錮以上の刑(死刑、懲役刑、禁固刑)に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者」があげられています(国家公務員法38条2号など)。

     
    後半の「執行を受けることがなくなるまでの者」が、執行猶予期間が満了していない者にあたります。執行猶予期間が満了していない者は、猶予期間が満了するまで、国家公務員になることができないのです。


     一方、ご相談の場合は、就職の応募条件に、国家公務員法の定めとは少し異なり、「禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終えていない又はその執行を今後受けることになっている方」とあるようです。

     
    この場合、後半の「執行を今後受けることになっている方」には、執行猶予期間が満了していない者は含まないと考えられます。

     
    なぜなら、「執行を今後受けることになっている」とは、「執行を今後受けることが決まっている(又はその可能性が高い)」の意味と考えられ、猶予期間の経過により刑罰権が消滅する執行猶予中の者は、「将来に受けることが決まっている」とまではいえないからです。

     
    ただ、念のため就職の応募条件の記載をもう一度確かめるとともに、会社に電話するなどして確認してみると良いでしょう。

2015年06月25日 20時21分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

執行猶予中の弟(無職)の執行猶予を取り消す訴訟を起こしたい

執行猶予 2017年06月06日

窃盗で執行猶予中の43歳の弟は、仕事を辞め、家でぶらぶらしている状態。祖母や母の年金を恐喝同様の手口でむしりとり、自己破産しているにもかかわらず、現在の借金を繰り返し、支払いを母や高齢の祖母に押し付けている状態。祖母のカードを無断使用...

執行猶予期間の職業制限について

執行猶予 2017年02月07日

はじめまして。 私は、保険代理店を店主として属していましたが、 大麻取締法違反により、執行猶予3年の判決となり、 現在執行猶予期間中です。 今後の就職について、損害保険、生命保険の募集がありましたが、執行猶予期間中に会社に発覚したり、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

執行猶予に強い弁護士

【初回相談無料】【お気軽にお電話ください】【元裁判官の経験をフルに活かし,最良のリーガルサービスをご提供】

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

ページ
トップへ