顧客データの持ち出しは罪になる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月17日 00時22分

 社員が会社のハードディスクから顧客データを抜き取り、個人のフロッピーにコピーして持ち出しています。このことは法に触れるのでしょうか?

(50代:男性)

匿名弁護士

 顧客情報の持ち出しは、当然に何らかの罪にあたると思われがちですが、実は難しい問題を含んでいます。



 従来、刑法窃盗などの対象となるもの(客体)を形のある物(有体物)に限定してきました。その後の改正によって、電気も窃盗の客体となり(刑法245条)、判例も物理的に管理のできる物については、窃盗の客体となることを認めています。しかし、現在のところ、情報そのものを窃盗の客体と認めた法律はありません。



 とはいえ、このような行為を不可罰とするのは、一般の常識からは離れた結果となってしまいます。そこで、実務では顧客情報をコピー機を使ってコピーしたり、会社のフロッピーディスクを使ってコピーした場合には、そのコピー用紙やフロッピーディスクそのものの窃盗として処理しています。
 しかし、こうした構成をとったとしても、自分のフロッピーにコピーした場合には、窃盗罪が成立しません。



 そこで次に、背任罪の成立を考えることになります。背任罪が成立するためには、他人のために事務を処理する者が、自己又は他人の利益を図りまたは本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加える必要があります(刑法247条)。

 たとえば、顧客データの追加・変更等を行っている社員が、自己又は他人の利益を図りまたは会社に損害を与える目的で顧客データを持ち出した場合には背任罪が成立すると思われます。



 なお、以上の刑事上の責任とは別に、顧客データ持ち出しによる損害について、社員に対し不法行為民法709条)に基づく損害賠償を請求することが可能です。

2015年07月17日 00時22分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

万引きの刑罰について

窃盗・万引き 2018年01月15日

今週の水曜日に検察に呼び出しがあります。 今までに万引きをして3回目捕まっています。 1回目は未成年と言うこともあり 調書をとり指紋、写真を撮って親に迎えに来てもらい 終了です。 その後成人してから食べ物や日用品5000円相当を 万引...

万引きと後日逮捕

窃盗・万引き 2018年01月13日

1ヶ月ほどまえに万引きをして、怖くなり1時間後くらいに元に戻しました。防犯カメラに映っているかはわかりませんが、映像から後日逮捕されてしまうんでしょうか?

5回目の万引き事件で、逮捕無しの任意の取調べを受けました。

窃盗・万引き 2017年12月28日

コンビニで数百円の惣菜を1点盗み、5回目の万引き事件として逮捕無しの任意の取調べを受けました。 過去の万引きの処分は 1回目は検察不送致(微罪処分) 2回目は起訴猶予 3回目は(逮捕あり)罰金20万円 4回目は(逮捕無し)罰金50万円...

万引き犯をつかまえた。そのお客様を経営者は「出入り禁止」にできるの?

窃盗・万引き 2017年12月19日

別荘管理をしているものです。 先日、別荘のお客様が当施設の売店で万引きをし 当スタッフが見つけ、警察に連絡。 どうやら、常習犯だった模様です。 このとき当スタッフは 「あのお客様は出入り禁止だね」と言っていました。 これは法律的に問題...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

窃盗・万引きに強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ