顧客データの持ち出しは罪になる?

Legalus編集部さん 2015年07月17日

 社員が会社のハードディスクから顧客データを抜き取り、個人のフロッピーにコピーして持ち出しています。このことは法に触れるのでしょうか?

(50代:男性)

関連Q&A

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

万引き犯の落とし物

窃盗・万引き 2017年01月13日

万引き犯について。 先日、万引きをした子供を店を出たところで捕まえようとしたところ逃げられてしまいました。 しかし、その犯人が携帯電話落としていきました。 こういった場合どうすればいいのでしょうか。 ただ一つ問題がありまして、監視カメ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     顧客情報の持ち出しは、当然に何らかの罪にあたると思われがちですが、実は難しい問題を含んでいます。



     従来、刑法窃盗などの対象となるもの(客体)を形のある物(有体物)に限定してきました。その後の改正によって、電気も窃盗の客体となり(刑法245条)、判例も物理的に管理のできる物については、窃盗の客体となることを認めています。しかし、現在のところ、情報そのものを窃盗の客体と認めた法律はありません。



     とはいえ、このような行為を不可罰とするのは、一般の常識からは離れた結果となってしまいます。そこで、実務では顧客情報をコピー機を使ってコピーしたり、会社のフロッピーディスクを使ってコピーした場合には、そのコピー用紙やフロッピーディスクそのものの窃盗として処理しています。
     しかし、こうした構成をとったとしても、自分のフロッピーにコピーした場合には、窃盗罪が成立しません。



     そこで次に、背任罪の成立を考えることになります。背任罪が成立するためには、他人のために事務を処理する者が、自己又は他人の利益を図りまたは本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加える必要があります(刑法247条)。

     たとえば、顧客データの追加・変更等を行っている社員が、自己又は他人の利益を図りまたは会社に損害を与える目的で顧客データを持ち出した場合には背任罪が成立すると思われます。



     なお、以上の刑事上の責任とは別に、顧客データ持ち出しによる損害について、社員に対し不法行為民法709条)に基づく損害賠償を請求することが可能です。

2015年07月17日

窃盗・万引きに強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ