更地にある柿、栗などを根こそぎ持っていかれた場合の対処方法は?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月15日 02時48分

 実家跡地の柿の木を見に来たら1個も無く、栗もみょうがも綺麗さっぱり盗まれていました。それどころか、植木も掘って持っていかれてしまいました。こういうのは被害届なり法的に何とか出来るものなのでしょうか??



(30代:男性)

匿名弁護士

 秋の味覚を根こそぎ持っていかれてしまったということ、ご相談ながら残念でなりません。ご相談では、ご実家の跡地とのことですから、私有地であると拝察します。

 そこになっている果実や植木などは、当然私有地の持ち主の所有物となります。したがって、私有地に侵入し、柿の実や、栗、植木などを持っていくことは窃盗罪(刑法235条)となります。

 補足的に申し上げれば、私有地に管理者の許可無く立ち入る時点で住居侵入罪(刑法130条)も成立しますが、この罪は侵入者が窃盗を働いた時点で、窃盗罪に吸収される関係にあるため成立はしません。

 上記のように窃盗罪は成立しますから、被害届などを警察に出されることをおすすめいたします。



 ここまでは刑法上の話になります。仮に、柿や栗を持ち出した人物を見つけ出した場合、民法上の責任を追及することも可能です。具体的には、私有地に立ち入り、果実などを持ち出すという不法な行為によって、本来、ご相談様が得るはずの利益(果実を食べたりすること)が侵害されたのですから、得られるはずだった利益について、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です(民法709条415条)。

 もっとも、今回のケースでは損害賠償請求をしても、本来得られるはずだった柿や栗などをお金に換算した程度ということになりそうです。訴訟手続を用いて請求するのは費用倒れになる可能性が高いため悩ましいと言えます。

 法的解決とは言えませんが、今後更地への侵入者を防ぐ意味でも、果実などの収集と禁ずる旨の立て看板を立てておいたり、防犯カメラを設置しておくなどの善後策を講じておくのも一つの方法かもしれません。

2016年01月15日 02時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

万引きの刑罰について

窃盗・万引き 2018年01月15日

今週の水曜日に検察に呼び出しがあります。 今までに万引きをして3回目捕まっています。 1回目は未成年と言うこともあり 調書をとり指紋、写真を撮って親に迎えに来てもらい 終了です。 その後成人してから食べ物や日用品5000円相当を 万引...

万引きと後日逮捕

窃盗・万引き 2018年01月13日

1ヶ月ほどまえに万引きをして、怖くなり1時間後くらいに元に戻しました。防犯カメラに映っているかはわかりませんが、映像から後日逮捕されてしまうんでしょうか?

5回目の万引き事件で、逮捕無しの任意の取調べを受けました。

窃盗・万引き 2017年12月28日

コンビニで数百円の惣菜を1点盗み、5回目の万引き事件として逮捕無しの任意の取調べを受けました。 過去の万引きの処分は 1回目は検察不送致(微罪処分) 2回目は起訴猶予 3回目は(逮捕あり)罰金20万円 4回目は(逮捕無し)罰金50万円...

万引き犯をつかまえた。そのお客様を経営者は「出入り禁止」にできるの?

窃盗・万引き 2017年12月19日

別荘管理をしているものです。 先日、別荘のお客様が当施設の売店で万引きをし 当スタッフが見つけ、警察に連絡。 どうやら、常習犯だった模様です。 このとき当スタッフは 「あのお客様は出入り禁止だね」と言っていました。 これは法律的に問題...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

窃盗・万引きに強い弁護士

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

ページ
トップへ