更地にある柿、栗などを根こそぎ持っていかれた場合の対処方法は?

Legalus編集部さん 2016年01月15日

 実家跡地の柿の木を見に来たら1個も無く、栗もみょうがも綺麗さっぱり盗まれていました。それどころか、植木も掘って持っていかれてしまいました。こういうのは被害届なり法的に何とか出来るものなのでしょうか??



(30代:男性)

関連Q&A

遺失物横領保護事件

窃盗・万引き 2017年01月21日

質問させていただきます。 この間、遺失物横領保護事件を起こしてしまった17歳の女性です。 私は初犯であったり、警察の方から謝罪や弁償などの話が出なかったため、普通するものではないと思っていました。 そのため、してなかったのですが、家庭...

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     秋の味覚を根こそぎ持っていかれてしまったということ、ご相談ながら残念でなりません。ご相談では、ご実家の跡地とのことですから、私有地であると拝察します。

     そこになっている果実や植木などは、当然私有地の持ち主の所有物となります。したがって、私有地に侵入し、柿の実や、栗、植木などを持っていくことは窃盗罪(刑法235条)となります。

     補足的に申し上げれば、私有地に管理者の許可無く立ち入る時点で住居侵入罪(刑法130条)も成立しますが、この罪は侵入者が窃盗を働いた時点で、窃盗罪に吸収される関係にあるため成立はしません。

     上記のように窃盗罪は成立しますから、被害届などを警察に出されることをおすすめいたします。



     ここまでは刑法上の話になります。仮に、柿や栗を持ち出した人物を見つけ出した場合、民法上の責任を追及することも可能です。具体的には、私有地に立ち入り、果実などを持ち出すという不法な行為によって、本来、ご相談様が得るはずの利益(果実を食べたりすること)が侵害されたのですから、得られるはずだった利益について、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です(民法709条415条)。

     もっとも、今回のケースでは損害賠償請求をしても、本来得られるはずだった柿や栗などをお金に換算した程度ということになりそうです。訴訟手続を用いて請求するのは費用倒れになる可能性が高いため悩ましいと言えます。

     法的解決とは言えませんが、今後更地への侵入者を防ぐ意味でも、果実などの収集と禁ずる旨の立て看板を立てておいたり、防犯カメラを設置しておくなどの善後策を講じておくのも一つの方法かもしれません。

2016年01月15日

窃盗・万引きに強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ