知人から預かった荷物と現金が盗難に!弁償の必要はある?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 01時28分

 夫婦で旅行することになりました。妻の友人に出身地がたまたま今回の旅行先である人がいるのですが、その人から「現金10万円とお土産が入っているので、家族に渡してほしい」と、梱包された箱を預かりました。その際、「手間賃」ということで5千円を受け取りました。

 ところが、旅行前日、我が家は空き巣に入られ、預かった荷物も一緒に盗まれてしまいました(警察には被害届けを出してあります)。

 友人に、「10万5千円は弁償する」と話したところ、友人の妹夫婦が出てきて、「本当は現金は60万円入っていた、1万円相当のお土産もあったので、61万円を弁償しろ」と言ってきました。友人も本当はそうだったと言い出しました。

 妻の友人でもあり、梱包もされていたので、中身は確認していません。この場合、61万円を弁償しなければいけないのでしょうか?


(30代:男性)

匿名弁護士

 あなたは、請求された61万円を弁償する必要はありません。それどころか、10万円とお土産についても、払う必要はありません。何故でしょうか。



 奥さんの友人(Aさんとします)とあなたがた夫婦が結んだ契約は、「荷物を預かって届ける」という事実行為を内容とする契約で、準委任契約民法656条643条)といいます。

 準委任契約には委任契約の規定が準用されますが、それによると、あなたがAさんから受け取った5,000円は単に「手間賃」という性質のものではなく、準委任契約の報酬である、ということになります。



 さて、この契約は、空き巣が荷物を持ち去ったことによって、しようと思っても「することができなく」なりました。法律上は、「履行不能になった」といいます。

 あなたに落ち度があって履行不能になったのなら、それについて損害を賠償しなければなりません。しかし、履行不能になったことにつきあなたには何の責任もない場合にまで、損害を賠償しなくてはならないのは不合理です。

 そこで、民法は、このような場合を想定して、危険負担についての規定をおいています(民法534条536条)。「危険負担」とは、契約成立後、一方の債務が債務者(あなたの立場にある人)に責任がないのに履行できなくなった場合に、その責任を誰がとるか?という問題です。これは、債権の目的物が特定物か否か、当事者に履行不能につき責任があるかによって変わってきます。



 まず、債権の目的物ですが、中身が確認できない「梱包された箱」を渡されていることから、「お金」と「お土産」を届ける契約というよりはむしろ、10万円プラスお土産代の価値がある「梱包された箱」を届けるという契約をしていると考えられ、特定物であるといえます。

 次に、空き巣が入って荷物を盗まれたことにつき、あなたに落ち度があるといえるでしょうか。具体的な事情にもよりますが、普通は落ち度があったとはいえないでしょう。

 さらに、荷物の紛失について、Aさんに責任がないこともいうまでもありません。
 このような場合には民法536条1項という条文が適用され、あなたは報酬を受け取ることはできない代わり、お金とお土産代についても全く責任を取らなくていい、という結論となるのです。つまり、あなたは5,000円をAさんに返さなければなりませんが、それ以外には1円も弁償しなくていいのです。



 しかし、これは純粋に法律的な解釈をした場合に得られる結論です。あなたの方から、始めの約束だった10万円、あるいはその半分でも弁償してあげようというのなら、それを禁止したりするものではありません。

2015年07月18日 01時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

万引きの刑罰について

窃盗・万引き 2018年01月15日

今週の水曜日に検察に呼び出しがあります。 今までに万引きをして3回目捕まっています。 1回目は未成年と言うこともあり 調書をとり指紋、写真を撮って親に迎えに来てもらい 終了です。 その後成人してから食べ物や日用品5000円相当を 万引...

万引きと後日逮捕

窃盗・万引き 2018年01月13日

1ヶ月ほどまえに万引きをして、怖くなり1時間後くらいに元に戻しました。防犯カメラに映っているかはわかりませんが、映像から後日逮捕されてしまうんでしょうか?

5回目の万引き事件で、逮捕無しの任意の取調べを受けました。

窃盗・万引き 2017年12月28日

コンビニで数百円の惣菜を1点盗み、5回目の万引き事件として逮捕無しの任意の取調べを受けました。 過去の万引きの処分は 1回目は検察不送致(微罪処分) 2回目は起訴猶予 3回目は(逮捕あり)罰金20万円 4回目は(逮捕無し)罰金50万円...

万引き犯をつかまえた。そのお客様を経営者は「出入り禁止」にできるの?

窃盗・万引き 2017年12月19日

別荘管理をしているものです。 先日、別荘のお客様が当施設の売店で万引きをし 当スタッフが見つけ、警察に連絡。 どうやら、常習犯だった模様です。 このとき当スタッフは 「あのお客様は出入り禁止だね」と言っていました。 これは法律的に問題...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

窃盗・万引きに強い弁護士

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

ページ
トップへ