自動販売機で取り忘れたお釣りは、誰のもの?

Legalus編集部さん 2014年10月21日

 私の職場では切符の自動販売機を設置しているのですが、お釣りがいつも取り忘れられています。

 ところが、そのお釣りを回収し、生計を立てているホームレスの人がいるのです。毎日毎時間漁りに来るのですが、見張っているわけにもいかず、手のうちようがありません。

 警察にも相談に行きましたが、「現行犯逮捕なら軽犯罪法違反で処罰できる」というのみでした。

 なんとかお金に手を出せなくする方法はないでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

反省してます

窃盗・万引き 2016年12月05日

会社の寮の大浴場の脱衣場で ロッカーから財布を窃盗してしまいました 現金数千円とカード類が入っていました 後日、警察が脱衣場に出入りしており おそらく隠しカメラか何かのデータを 取ったのだと思われます 脱衣場の隠しカメラの映像は証拠に...

現行犯逮捕とは──取り押さえた万引き犯に不当逮捕と言われた!

窃盗・万引き 2016年10月31日

私はゲームショップの店長をしています。先日、店内で、男女二人組の万引き犯を捕まえました。そして犯行に計画性がありそうだったこと、万引きした商品の量の多さから悪質と判断し、警察に引き渡しました。 すると後日、男から「不当逮捕と警察での偽...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     自動販売機に残されたお釣りは、通常は、取り忘れた客の所有にかかるものと考えられます。したがって、それを取る行為は窃盗となります(刑法235条)。

     ただし、誰のものでもない物(「無主物」といいます)は、窃盗罪など財産犯の客体とはなりません。つまり、無主物を取る行為は、窃盗にはならないのです。


     それなら、自動販売機に残されたお釣りは、元の所有者が放棄した無主物であるから、それを取って行っても窃盗とはならない、とは考えられないでしょうか。

     この点、元の所有者が所有権を放棄しても、全て無主物となるとは限らないと考えられています。例えば、ゴルフ場に放置されたロストボールは、たとえゴルファーが放棄したものであってもゴルフ場の所有物である、とした判例があります。

     それに従えば、自動販売機に残されたお釣りは、客が「お釣りはいらない」と考えて取らずに立ち去ったのだとしても、自動販売機の所有者・管理者の所有物であると考えられるのです。従って、それを持ち去る行為は、やはり窃盗となると考えられます。


     お釣を回収していく人たちは、「道に落ちている小銭を拾うのと同じ」、すなわち、何らかの罪になるとしても占有離脱物横領罪止まりだ、と考えているのかもしれません。

     しかし、お釣りはまだ自動販売機の受け出し口に残っているのですから、客、あるいは自動販売機の所有者・管理者の占有を離れたとはいえません。
     したがって、かかる行為は、やはり窃盗となると考えられます。


     防止する方法としては、自動販売機の所有者・管理者自身がお釣りを回収する、また窃盗にあたると張り紙などをし、注意を促す...などを試みられては如何でしょうか。

2014年10月21日

窃盗・万引きに強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ