自動販売機で取り忘れたお釣りは、誰のもの?

Legalus編集部さん 2014年10月21日

 私の職場では切符の自動販売機を設置しているのですが、お釣りがいつも取り忘れられています。

 ところが、そのお釣りを回収し、生計を立てているホームレスの人がいるのです。毎日毎時間漁りに来るのですが、見張っているわけにもいかず、手のうちようがありません。

 警察にも相談に行きましたが、「現行犯逮捕なら軽犯罪法違反で処罰できる」というのみでした。

 なんとかお金に手を出せなくする方法はないでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

万引き犯の落とし物

窃盗・万引き 2017年01月13日

万引き犯について。 先日、万引きをした子供を店を出たところで捕まえようとしたところ逃げられてしまいました。 しかし、その犯人が携帯電話落としていきました。 こういった場合どうすればいいのでしょうか。 ただ一つ問題がありまして、監視カメ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     自動販売機に残されたお釣りは、通常は、取り忘れた客の所有にかかるものと考えられます。したがって、それを取る行為は窃盗となります(刑法235条)。

     ただし、誰のものでもない物(「無主物」といいます)は、窃盗罪など財産犯の客体とはなりません。つまり、無主物を取る行為は、窃盗にはならないのです。


     それなら、自動販売機に残されたお釣りは、元の所有者が放棄した無主物であるから、それを取って行っても窃盗とはならない、とは考えられないでしょうか。

     この点、元の所有者が所有権を放棄しても、全て無主物となるとは限らないと考えられています。例えば、ゴルフ場に放置されたロストボールは、たとえゴルファーが放棄したものであってもゴルフ場の所有物である、とした判例があります。

     それに従えば、自動販売機に残されたお釣りは、客が「お釣りはいらない」と考えて取らずに立ち去ったのだとしても、自動販売機の所有者・管理者の所有物であると考えられるのです。従って、それを持ち去る行為は、やはり窃盗となると考えられます。


     お釣を回収していく人たちは、「道に落ちている小銭を拾うのと同じ」、すなわち、何らかの罪になるとしても占有離脱物横領罪止まりだ、と考えているのかもしれません。

     しかし、お釣りはまだ自動販売機の受け出し口に残っているのですから、客、あるいは自動販売機の所有者・管理者の占有を離れたとはいえません。
     したがって、かかる行為は、やはり窃盗となると考えられます。


     防止する方法としては、自動販売機の所有者・管理者自身がお釣りを回収する、また窃盗にあたると張り紙などをし、注意を促す...などを試みられては如何でしょうか。

2014年10月21日

窃盗・万引きに強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ