ひったくり常習犯への罰を少しでも重くしたい!

Legalus編集部さん 2015年07月11日

 昨年夏、白昼のオフィス街でひったくりに遭いました。バイクで後ろからぶつかってこられ、鞄を盗られました。鞄には現金やデジタルカメラのほか、クレジットカードも入っていたのですが、片っ端から使用されてしまいました。
 昨年秋、新聞に全く同じ手口のひったくり犯逮捕の記事が載っていたため、警察に連絡したところ、犯人の自宅から私の所有物が何点か出てきました。
 犯人は現在、一審判決を受け、控訴しているとのこと。聞くところによると、前科8犯、今回捕まるまでには私以外に多くの人が被害にあっているそうです。


 盗られたデジカメに入っていたデータは消され、犯人の家族が笑って写っていました。その映像を思い出しては、犯人が家に侵入してくる夢を見ます。

 何度も犯罪を繰り返す人には1回目より2回目の方が重く罰せられるということはないのでしょうか?
 少しでも長く刑務所に入って、二度と繰り返さないで欲しいと思っています。どうにかして犯人の罪を少しでも重くする方法はありませんか?



(30代:女性)

関連Q&A

遺失物横領保護事件

窃盗・万引き 2017年01月21日

質問させていただきます。 この間、遺失物横領保護事件を起こしてしまった17歳の女性です。 私は初犯であったり、警察の方から謝罪や弁償などの話が出なかったため、普通するものではないと思っていました。 そのため、してなかったのですが、家庭...

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     刑事事件において一番被害を被ったのはまさしく「被害者」であるのに、被害者の声が裁判に反映されていないことには、しばしば不満の声が聞かれます。


     わが国では、犯人の検挙やその後の訴訟追行について国家訴追主義刑事訴訟法247条)がとられているため、犯罪被害者が裁判に直接関与することはできません。しかし、犯罪がどのように実行されたか、一番正確に知っているのは被害者なのですから、被害者の声は、少なくとも裁判官に届けられるべきでしょう。


     そこで、2000年の刑事訴訟法改正により、「被害者等の意見の陳述」(292条の2)という規定が設けられました。すなわち、裁判所は、被害者またはその法定代理人から被害に関する心情その他の被告事件に関する意見の陳述の申し出がある時は、公判期日において(法廷で)、その意見を陳述させることができることになっています。


     あなたが被害者として意見を述べたい場合には、まず担当検察官に申し出てみてはいかがでしょうか。


     ところで、 いわゆる「常習」的に窃盗を繰り返す行為を「累犯窃盗罪」といいます。


     この罪は、「盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律」に規定されており、



    • 常習として窃盗罪又は窃盗未遂罪を犯したこと

    • 今回の犯行以前の10年間の間に3回以上、懲役刑(6ヶ月以上のもの)の判決を受けていること (第3条


    の要件が満たされたとき、通常の刑より重く処断されることになっています。


     ただ、単に常習性があるというだけでは足りず、正式裁判よる判決を直近10年の間に3回以上受けていないと適用されません。


     もちろん、この法律の適用がない場合でも、前科8犯という事実は必ず量刑の判断において考慮されているはずですし、被害者に弁償したか等という事実も情状判断の資料とされます

2015年07月11日

窃盗・万引きに強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ