自転車の窃盗・横領等で3度捕まりました

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 先日、自分が通っている大学の駐輪場に止めてあった自転車を、「どうせ学校に戻るんだから、ちょっとくらい借りていいよね」という軽い気持ちで、友人とチョイ乗りしてしまいました。施錠してなかったので、ついついやってしまったのです。
 そして警察官に止められて、交番に連れて行かれ、取調べを受け、窃盗罪だと言われてしまいました。調書等を取られ、「後日また来るように」ということで、その日は返してもらえましたが、とても怖い気持ちでいっぱいです。
 実は、中学1年の時にも友人と自転車を盗み(これは私がペンチで鍵を壊しました)、そのときも窃盗罪で補導されています。
 そして中学2年の頃、今度は公園に捨てられていた(と勝手に判断してしまいました)自転車に乗り、占有物離脱物横領罪で補導され、家庭裁判所に出頭しました。
 そしてまた今回の事件を起こしてしまいました。もう3回も自転車を盗んでいるので、少年院のような所へ送致されるのではと心配でたまりません。
 今年で19歳になり、大学にも進学できたのに、また同じ過ちを犯してしまい、親に迷惑をかけてしまった事をとても恥ずかしく思っています。
 やはりもう少年院へ行くしかないのでしょうか?

(19歳:男性)

関連Q&A

遺失物横領保護事件

窃盗・万引き 2017年01月21日

質問させていただきます。 この間、遺失物横領保護事件を起こしてしまった17歳の女性です。 私は初犯であったり、警察の方から謝罪や弁償などの話が出なかったため、普通するものではないと思っていました。 そのため、してなかったのですが、家庭...

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     今度が3回目の窃盗事件だということですが、刑事未成年であった時期に起こした2件と今回の窃盗では、刑事責任の評価が全く異なることに注意してください。

     刑法41条は、「14歳に満たない者の行為は、罰しない」と規定しています。理由は、14歳未満の者は責任無能力者であり、そもそも刑事責任を問うことができないと刑法が考えていることによります。
     もちろん、人の精神的成熟度には個人差があるのですが、年少者の可塑性(今は未熟であるが、将来的に人格を形成し変化していく可能性があるということ)に鑑みて、あえて刑罰を科すことを控えたものと考えられています。

     今回も未成年であるため、刑法ではなく少年法が適用され、年少者であることに配慮した手続に乗り、家庭裁判所によって処分が決定されます。しかし、死刑・懲役・禁錮にあたる犯罪行為で家庭裁判所が刑事裁判相当と認めた場合には、事件が検察官に送り返され(逆送)、通常の刑事手続によって処分が決定されることになります。
     逆送されるかどうかは家庭裁判所の判断によるため、今回の犯罪が逆送されるかについては何とも申し上げられません。しかし、最近の傾向として、少年が起こした犯罪でも厳しく処分される傾向にあることは明らかです。

     ただ、今回の事件について主張すべき点があるとしたら、「一時借用するだけで、決して盗むつもりはなかった」ということでしょう。
     実は、犯罪が成立するには、犯罪にあたる行為(刑法の条文に規定されている行為)の客観面と主観面が共に備わることが必要です。たとえば、今回の事件で言えば、「他人の自転車を勝手に乗っていった」という事実が客観面で、「一時借りるつもりだった」という内心が主観面です。
     そして、窃盗罪などの財産犯罪では、主観的に(1)他人を排除して所有者として振舞う意思(売り飛ばすなど)と、(2)当該財物をその経済的用法に従って利用する意思、の2点が必要であり、この両方が備わったときにはじめて「盗むつもり」だったといえることになるとされているのです。
     今回の事件で、あなたは、(2)「足代わりに乗り回す」という自転車の経済的用法に従って利用する意思は認められるものの、(1)短時間乗り回した後は必ず返すつもりだったので、所有者として振舞う意思まではなかった、ということになります。
     そこで、この点を主張すれば、他人の自転車を無断で借用することは決してほめられた行為ではないにしても、刑事責任を問われるまでの行為ではない(つまり窃盗罪は成立しない)と評価されることになります。

     もちろん、主観的要素の有無も客観的要素と相まって判断されるので、主張した事実どおりに認定されるとは限りません。
     しかし、短時間の借用後に返すつもりだったのならば、今回のあなたの行為に窃盗罪は成立しません。

2014年01月07日

窃盗・万引きに強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ