二次盗難の犯人にはどこまで請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月04日 03時10分

 原付バイクが盗まれたため、警察に被害届けを出しました。2週間ほどして、乗り回していた未成年者が見つかり、警察に引き取りに行ったのですが、様々な改造や塗装がほどこしてありました。
このままでは乗ることもできないため、バイク屋に相談したところ、「修理して乗るとなると10万円以上かかる」と言われました。もともと古かったこともあり、「通常、加害者に対してそこまで高額な損害の請求はできない」とも言われ、渋々廃車にしました。
 そして二ヶ月ぐらい過ぎた頃、加害者の保護者から連絡があり「息子はもともと原付を盗んだ犯人ではなく、犯人が盗み出して放置をしていたのを乗り回しただけだ。改造も一切していないので、改造して使用不能になったことについて責任はない」。
 このような場合、原付の廃車費用、新たな原付の購入費などは請求できないのでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

 バイクが盗まれ、改造されて、使用することができない状態になった場合、誰にどんな請求ができるでしょうか。
まず、請求の内容として、本件では二つ考えられます。一つは改造や塗装に関する賠償。もう一つは、盗まれていた間、所有者である相談者はバイクが利用できなかったので、その間の使用利益(バイクの賃料相当損害金)です。
請求する相手としては、まず、盗んだ犯人が考えられます。この者に対しては、盗まれたことと相当因果関係にある損害の賠償を請求することができます。たとえば、また、バイクをバイク便の仕事に使っていた場合、仕事ができなくなったことに関係のある損害の賠償です(不法行為に基づく損害賠償請求権民法709条)。
また、乗り回していた期間、その者が得た使用利益の返還が請求できます。犯人は、バイクを使用するという経済的利益を、法律上の理由なく得たことになるので、その利益を所有者に返す義務があるのです(不当利得返還義務民法704条)。実際に犯人がバイクを乗り回したかどうかは、関係がありません。車庫に隠したままであった場合も請求ができます。
 廃車にした費用と中古車購入費用相当額については、廃車にした原因が改造塗装であったことから、改造等をした者にしか請求できません。これについては、以下で検討します。
なお、新車購入額については、交渉の上「お詫び」の意味で負担させることは可能でも、法律上は理由がありません。同じの車種の中古車相当の金額しか請求できません。
しかし、どのような請求にせよ、犯人が分からない場合には請求しようとしてもできません。そこで、犯人から盗んだ者に対して何らかの請求することが考えられます。
乗り回していた未成年者の保護者は、「息子はもともと原付を盗んだ犯人ではなく、犯人が盗み出して放置をしていたのを乗り回しただけだ。改造も一切していないので、そのため使用不能になったことについて責任はない」と主張しています。
これが真実なら、未成年者に対し、改造等に関する請求はできないことになります。酷なようですが、未成年者が改造したという事実が真実であることは、請求者が主張立証しなければなりません。その意味では、バイクを廃車にしてしまったのは残念です。バイクは貴重な物証(物的証拠)だったからです。
したがって、その証明ができない場合、廃車費用、中古車購入相当額について請求することはできないのが原則です。
しかし、何らかの方法で証明ができた場合には、改造のため廃車にせざるを得なかったのですから、元の中古バイク相当の金額の賠償を請求することができます。

ただ、この点について証明できなかったとしても、使用利益に関する請求、すなわち、未成年者が犯人から盗み出してから相談者に返還されるまでの期間の使用利益を請求することはできるのです。
請求額を算定する場合には、レンタカーで借りた場合の一日あたりの費用を基準にすると、妥当な金額を算出できると考えます。

2015年07月04日 03時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

万引きの刑罰について

窃盗・万引き 2018年01月15日

今週の水曜日に検察に呼び出しがあります。 今までに万引きをして3回目捕まっています。 1回目は未成年と言うこともあり 調書をとり指紋、写真を撮って親に迎えに来てもらい 終了です。 その後成人してから食べ物や日用品5000円相当を 万引...

万引きと後日逮捕

窃盗・万引き 2018年01月13日

1ヶ月ほどまえに万引きをして、怖くなり1時間後くらいに元に戻しました。防犯カメラに映っているかはわかりませんが、映像から後日逮捕されてしまうんでしょうか?

5回目の万引き事件で、逮捕無しの任意の取調べを受けました。

窃盗・万引き 2017年12月28日

コンビニで数百円の惣菜を1点盗み、5回目の万引き事件として逮捕無しの任意の取調べを受けました。 過去の万引きの処分は 1回目は検察不送致(微罪処分) 2回目は起訴猶予 3回目は(逮捕あり)罰金20万円 4回目は(逮捕無し)罰金50万円...

万引き犯をつかまえた。そのお客様を経営者は「出入り禁止」にできるの?

窃盗・万引き 2017年12月19日

別荘管理をしているものです。 先日、別荘のお客様が当施設の売店で万引きをし 当スタッフが見つけ、警察に連絡。 どうやら、常習犯だった模様です。 このとき当スタッフは 「あのお客様は出入り禁止だね」と言っていました。 これは法律的に問題...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

窃盗・万引きに強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

困っているあなたのモヤモヤを解消します!!

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ