犯罪者に対する損害賠償請求の流れ

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 01時39分

 私は先日、車の盗難に遭ったのですが一ヶ月程して警察から連絡があり車が発見され戻って来ました。

しかし車体番号は削られ積んでいた荷物も全部無く修理や再登録などで結構な損害になりました。

犯人は逮捕されており損害賠償を請求したいのですがどの様な手順で行えばよいのか方法が全く分かりません。

 警察に聞いても犯人は現在取り調べ中なので犯人の名前や住所を含め、詳しい事は教えてくれません。

何をどうすれば良いのか、また損害賠償を請求するには何が必要なのか教えて下さい。


(30代:男性)

匿名弁護士

     盗難の被害に遭われたあなたが犯人の名前や住所、そして捜査の状況などについての情報を知りたいとの思うのは当然のことです。



     ご存じかとは思いますが、刑事手続き(犯人を処罰する手続き)と民事手続き損害賠償請求)とは全く別個の手続きとなりますので、警察での取調べ等刑事手続きが終了したからといって自動的にあなたの元に損害賠償金が入ってくる訳ではありません。あなたが犯人に損害賠償を請求するためには、別途民事手続きを起こす必要があります。

     犯人の名前や住所を知る方法として、警察は被害者による損害賠償請求を容易にする観点より被害者連絡制度を設け、身体犯など一定の重大犯罪については犯人の住所・氏名のみならず裁判の結果などについても希望する被害者に連絡するシステムとなっています。盗難は被害者連絡制度の枠外とはなる様ですが、それでも捜査が終了した(犯人が誰か確定した)時点で、犯人の住所・氏名については被害者からの問い合わせがあれば教える習わしとなっています。あなたが警察に問い合わせても犯人情報についてまだ教えて貰えないのは、おそらくは現在取調中だからであり、取調べが終了すれば教えて貰えるでしょう。基本的には逮捕から約3週間以内に取調べは終了するので、その頃を見計らって警察の担当者に問い合わせをなさってはどうでしょうか。

     検察でも被害者等通知制度により、事件の処分結果・公判の期日・裁判の結果などが被害者からの希望あるいは照会があった場合には通知されます。



     損害賠償を請求する為には、刑事事件の確定後、検察庁に刑事確定記録の閲覧・コピーの請求をし、刑事事件の記録の内必要と思われる部分(被害届や実況検分調書、犯人の検察官に対する供述調書など)及び修理費・再登録費用の領収書や積み荷の損害を表す証明書など損害額を立証する証拠を添付して民事裁判を起こすことになります。

     刑事事件が確定していないときでも、犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律第3条により損害賠償請求の為ならば第1回公判期日後は刑事記録の閲覧・コピーが認められます。



     なお、現実問題として、犯人(やその家族)に資力があり被害弁償をする意思があるのであれば、より軽い刑事処分となることを期待して犯人の側から(通常は弁護士を通じて)あなたに対して刑事手続中に被害弁償なりの申し入れがあることが多いでしょう。逆に、犯人やその家族に資力が無ければ、残念ながらあなたがどの様な手続きを採ろうとも無意味となります。

2015年07月25日 01時39分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社で私のブランドのバッグが丸ごと盗まれました。

窃盗・万引き 2017年07月25日

先日、会社で私のブランドのバッグが丸ごと盗まれました。中には、ケータイ、保険証、印鑑、自宅のカギなど入っていて、被害総額25万くらいです。1ヵ月後、犯人が捕まりました。加害者は成人しており、家族もいるようです。 被害者としては、刑罰を...

助けてください

窃盗・万引き 2017年07月19日

中学生です 今日のお昼頃警察から窃盗事件について電話があり親はいますか?と聞かれたので親は会社に行っておりますと言ったらではまた夕方連絡しますと言われました 私は捕まってしまうのでしょうか? 学校へ連絡は行くのでしょうか? すごく心配です

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

窃盗・万引きに強い弁護士

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

刑事事件を主に取り扱っています。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

【初回相談無料】【お気軽にお電話ください】【元裁判官の経験をフルに活かし,最良のリーガルサービスをご提供】

ページ
トップへ