万引きに対して、店からの過剰な罵倒は許される?

Legalus編集部さん 2015年04月21日

 先日、万引きをしてしまい現行犯で捕まりました。私は10年ほど前から精神科に通院し治療中であり、なぜ万引きなどしてしまったのか自分でも理由が分かりません。そのため店側から「どうして万引きしたのか」ときかれても「どうしてか分からない」としか答えようがありませんでした。そうすると、店長らしき人から非常に怒られ、私を「うそつき」「下手な芝居しやがって」と怒鳴りつけつばをはかれました。その後、私が何を言っても「芝居だな、アホらしいわ」と言いました。結局警察に突き出され、私は持病が悪化し家から出ることができなくなりました。万引きをした私が悪いとはいえ、どんな悪口雑言にも耐えなければならないのでしょうか?


(30代:女性)

関連Q&A

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

万引き犯の落とし物

窃盗・万引き 2017年01月13日

万引き犯について。 先日、万引きをした子供を店を出たところで捕まえようとしたところ逃げられてしまいました。 しかし、その犯人が携帯電話落としていきました。 こういった場合どうすればいいのでしょうか。 ただ一つ問題がありまして、監視カメ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     万引きを犯してしまった者にも、適正な手続きを受ける権利が保障されています(憲法31条)。そのため、社会通念上の限度を超えた侮辱や罵倒は許されません。


     万引きは、窃盗罪として10年以下の懲役に処せられる犯罪です(刑法235条)。

     
    店長などの一般人が、万引き犯を現行犯逮捕した場合、示談する場合を除いて、すぐに警察に通報し、警察に引き渡す必要があります(刑事訴訟法214条)。

     
    警察が来るまでの間、事業所に容疑者を留め置いたり、万引きをしたことについて説教をしたり、住所・氏名などを開示するように要求すること自体は、法律上問題ありません。


     しかし、それ以上のこと、たとえば無理やり所持品を確認したりする取調べ類似行為などは許されません。また、警察に通報しないことと引き換えに不当な要求をしたりすると、強要罪刑法223条)や脅迫罪刑法222条)にあたる可能性があります。


     ご相談の場合のように、店長があなたに対して「うそつき」「下手な芝居しやがって」と怒鳴りつけた上、つばをはいた行為は、不法な有形力の行使として、暴行罪刑法208条)が成立する可能性があります。

     
    また、店長とあなた以外の人がいる場所で、説教にとどまらず、公然と罵倒されたのであれば、侮辱罪刑法231条)が成立する可能性があります。


     そこで、あなたが店長を糾弾したいと考えるならば、警察などに対して、暴行罪や侮辱罪を理由とした刑事告訴をすることもできるでしょう。

     
    また、店長に対して、民事上の責任として、暴行や侮辱により精神的苦痛を受けたことを理由に、不法行為による損害賠償請求をすることも可能でしょう(民法709条)。 ただ、あなたの側が、店長から侮辱を受けた事実を立証する必要があります。

2015年04月21日

窃盗・万引きに強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ