万引きGメンから逃げるとどうなる?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 万引きをして、一般のお客か万引きGメンに捕まり、その場から逃げた場合はどうなるのですか?


(10代:男性)

関連Q&A

万引きになりますか?事情を話すべきですか?

窃盗・万引き 2016年12月06日

先日3回目の万引きで捕まりました。 しかし、私は二回目の時検事さんと約束してやらないと誓いました。シングルで生活に余裕はありませんでした。今回は本屋さんで 後ろからGメンに追いかけられ私は痴漢だと思いずっと追いかけ合いをしてました。 ...

反省してます

窃盗・万引き 2016年12月05日

会社の寮の大浴場の脱衣場で ロッカーから財布を窃盗してしまいました 現金数千円とカード類が入っていました 後日、警察が脱衣場に出入りしており おそらく隠しカメラか何かのデータを 取ったのだと思われます 脱衣場の隠しカメラの映像は証拠に...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     逃げる際に暴行や脅迫を加えると、強盗罪に問われます。


      万引きは、刑法上「窃盗」の罪に問われます(235条、10年以下の懲役)。起訴され、懲役刑が科されることもあります。未遂も罰せられます(243条)。


     万引き犯として現行犯逮捕された者がその場から逃走しても、単純に隙をみて逃げただけであれば、窃盗罪以外の罪には問われません。現行犯逮捕されてから、勾留状に基づいて拘禁されるまでの間の者は、逃走しても単純逃走罪が成立しないのです(97条)。


     しかし、万引き犯などの「窃盗」が、得た財物を取り返されることを防いだり、逮捕を免れ、又は罪責を隠滅するために、暴行または脅迫をしたりすると、「強盗」として扱われます(事後強盗罪243条)。

     
    たとえば、万引き犯が、万引きGメンに捕まり、逃亡するために万引きGメンや他のお客さんなどを突き飛ばした場合は、もはや窃盗罪にとどまらず、強盗罪が成立するのです。

     
    また、暴行の結果ケガをさせてしまうと「強盗致傷罪」が成立し、無期又は6年以上の懲役に処されます(240条前段)。さらに、暴行により誤って死亡させてしまうと「強盗致死罪」が成立し、死刑又は無期懲役という非常に重い刑に処されます(240条後段)。

2014年01月07日

窃盗・万引きに強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ