万引きGメンから逃げるとどうなる?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 万引きをして、一般のお客か万引きGメンに捕まり、その場から逃げた場合はどうなるのですか?


(10代:男性)

関連Q&A

控訴して執行猶予の可能性は?

窃盗・万引き 2017年01月17日

妻が、万引きで本日判決を受け、懲役10ヶ月になりました。 ただ、妻は以前にも頻繁に万引きを繰り返し、罰金2回、懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その猶予中にまた万引きをしてこの判決となりました。 合計で1年10ヶ月も刑務所に行くこと...

万引き犯の落とし物

窃盗・万引き 2017年01月13日

万引き犯について。 先日、万引きをした子供を店を出たところで捕まえようとしたところ逃げられてしまいました。 しかし、その犯人が携帯電話落としていきました。 こういった場合どうすればいいのでしょうか。 ただ一つ問題がありまして、監視カメ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     逃げる際に暴行や脅迫を加えると、強盗罪に問われます。


      万引きは、刑法上「窃盗」の罪に問われます(235条、10年以下の懲役)。起訴され、懲役刑が科されることもあります。未遂も罰せられます(243条)。


     万引き犯として現行犯逮捕された者がその場から逃走しても、単純に隙をみて逃げただけであれば、窃盗罪以外の罪には問われません。現行犯逮捕されてから、勾留状に基づいて拘禁されるまでの間の者は、逃走しても単純逃走罪が成立しないのです(97条)。


     しかし、万引き犯などの「窃盗」が、得た財物を取り返されることを防いだり、逮捕を免れ、又は罪責を隠滅するために、暴行または脅迫をしたりすると、「強盗」として扱われます(事後強盗罪243条)。

     
    たとえば、万引き犯が、万引きGメンに捕まり、逃亡するために万引きGメンや他のお客さんなどを突き飛ばした場合は、もはや窃盗罪にとどまらず、強盗罪が成立するのです。

     
    また、暴行の結果ケガをさせてしまうと「強盗致傷罪」が成立し、無期又は6年以上の懲役に処されます(240条前段)。さらに、暴行により誤って死亡させてしまうと「強盗致死罪」が成立し、死刑又は無期懲役という非常に重い刑に処されます(240条後段)。

2014年01月07日

窃盗・万引きに強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ