道交法改正・罰金は後で払う方が「お得」!?

Legalus編集部さん 2014年06月19日

 駐車違反が見つかって、自分の車に駐禁シールを貼り付けられたりしている現場に出くわした場合、その場で自分が運転者だと申し出ちゃうと、青色切符を切られて減点&反則金!
 ・・・しかし、後日、車の所有者として出頭すれば、違反金の納付だけで済むから「お得」、と聞いたのですが、本当なんでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

交通違反をしたら「聴聞通知書」がきた。これって何?

交通違反 2015年04月24日

レンタカーを借りて無免許だった彼氏に運転をさせてしまい、左折禁止のところを左折してしまい、警察につかまりました。公安委員会の行政処分課から聴聞通知書がとどき予定される不利益に「免許取消し処分」と書いてあるのですが、出頭しないと免許取消...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     今回の道路交通法改正により、運転者が反則金を納めない場合、車両の所有者も「放置違反金」を負担しなければならないということになりました。これは、いままで手を下せなかったところの、反則金未納運転者の「逃げ得」を許さないために考えられた方策です。
     この放置違反金納付命令は、確認標章が取り付けられた日の翌日から30日以内に反則金納付、公訴提起等がなされない場合に命じられます。
     反則金と異なって、放置違反金は、都道府県等地方自治体の収入となります。K府では、納付される違反金を年間15~18億円と試算しているそうです。
     
     確かに、確認標章の取り付け後30日を経過してから車の所有者として名乗り出れば、反則金と同額の放置違反金納付が命ぜられるだけであり、減点を受けることはありません。その意味では、たしかに「お得」といえます。
     しかし、放置違反金の滞納は強制徴収の対象となります。また、放置違反金納付命令を繰り返し受けた常習違反者には、一定期間車両の使用が制限されたり、また、車検手続が完了できなくなるというペナルティが課せられます。

2014年06月19日

交通違反に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ