携帯代を支払わなかったらブラックリストに載るの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 最近20歳になったので、車を購入しようと思い何度かローンの申請をしたのですが、なかなか通りません。父親が自己破産しているため、保証人をつけませんでした。

 ローンが通らない理由で僕自身に身に覚えがあるのは、(1)住民票の住所と自動車の免許証の住所が違う、(2)親が自己破産している、(3)携帯電話の利用料金を支払っていない、くらいだと思うのですが、なにか関係があるのですか?

 携帯電話の利用料金の未払いは、ローンとは関係ないと聞いたことがあるのですが...。



(20代:男性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     携帯端末本体の分割払いが滞るとローンの審査が通らないことがあります。

     以下で、順を追って説明します。



     まず、相談者がローンの審査が通らない理由として挙げられている(1)住民票の住所と自動車の免許証の住所が違うことは、自動車の免許証を取得した後に、引っ越すなどで住民票を移すことはごく普通にあることですので、ローンの審査とは関係ないと考えられます。



     また、(2)親が自己破産していることも相談者のローンの審査には直接の関係はないでしょう。

     自己破産するには、「破産手続開始決定」が下りて、「免責許可の決定」を受けなければならないのですが、免責許可の決定を受けてから、5~10年間は個人信用情報機関の事故情報(いわゆる「ブラックリスト」)に登録されてしまいますので、自己破産した本人は実質クレジットカードが作れず、住宅ローンも組めません。

     ですので、相談者の親は自己破産後5年~10年はローンを組むことはできませんが、自己破産をした人と全く別人である相談者のローンの審査においてこのことは関係ありません。



     最後に、(3)携帯電話の利用代金の未納に関してですが、相談者が言われるように、通話料やパケット通信料の未払いに関してはブラックリストに掲載されないので、ローンの審査とは関係がありません(ただし、携帯電話会社間で共有している不払い情報には登録されるため、携帯電話の契約はできない可能性があります)。

     しかし、携帯端末自体の代金に関して携帯電話会社と割賦販売契約を締結し、月々の通話料金等と共に支払われている場合、信用情報機関に分割払い残債と月々支払情報が登録されているため、支払いが滞るとブラックリストに掲載されることがあります。



     以上より、相談者が携帯端末代金を分割で支払うという形で契約し、その支払いが滞っている場合には、ローンの審査が通らない可能性があります。信用情報機関には登録情報の本人開示の制度もありますので、心配であれば確認してみるのもよいかもしれません。

2014年01月07日

ブラックリストに強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ