弁護士コラム

保証人・連帯保証人

Section banner debt

借金・債務整理

詐害行為取消権について①(保証会社等がある場合) 保証人・連帯保証人 2017年10月09日

多額の負債を抱えた債務者において、債権者からの財産差押等を逃れるために、その所有する資産を処分してしまう場合があります。 こうした財産処分行為について、例えば形式的に不動産を知人名義に場合において、通謀虚偽表示と認められる場合には無効となりますが(民法94条1項)、通謀虚偽表示に当たる場合以外でも、一定の場合には債権者のための「詐害行為取消権」といって...