債権者が債務者と保証人を訴えた!保証人は裁判に出なくてもいい?

Legalus編集部さん 2015年07月25日

 元夫の住宅ローン連帯保証人になっています。住宅を売却しましたが、債務が残り、ローン会社から一括返済を求められています。

 この前、「立替金請求事件」としてローン会社から訴状が届きました。口頭弁論期日呼び出し状・答弁書催告状がきています。

 元夫がローン会社に確認をしたところ、事務手続き上のことなので連帯保証人の私は出頭しなくてもいい。と言われましたが、本当に大丈夫なのでしょうか?



(30代:女性)

関連Q&A

連帯保証人になり家賃滞納され、私に請求され、困っています。

保証人・連帯保証人 2017年04月15日

家賃滞納され、保証会社から、請求されました。 滞納は、一年前から、みたいです。 昨日、いきなり通知が、来て、すぐ支払えとのことです。 しかも、弁護士からの内容証明も昨日来ました。 滞納が、あってから、何の連絡もなく、いきなりの請求です...

連帯保証人が認知症になり死亡した場合

保証人・連帯保証人 2017年03月29日

母親が今年亡くなりました。母親は生前、私の会社の銀行借り入れの連帯保証人になっていました。毎年銀行と融資の延長で1年ごとに契約を延長してもらっているのですが、去年の契約書には母親の名前は署名されていません。意思判断能力がないと銀行が判...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     民事訴訟では当事者や代理人が裁判を欠席するなどして意見を陳述しないことは可能ですが、その場合は出席した側の言い分がほぼ全面的に通る判決や決定になってしまいます(民事訴訟法159条3項、同1項)。

     今回の場合ですと、相談者が裁判所に出頭しないことによって相談者に対するローン会社の言い分がほぼ全面的に通る可能性が高いといえます。



     また、主債務者と連帯保証人の両方ともに貸金(立替金)の返還請求訴訟を提起した場合、その訴訟は通常共同訴訟という訴訟の形態をとります。

     今回の相談においても、主債務者である元夫と連帯保証人である相談者双方を相手方として立替金請求訴訟が提起されているので、その訴訟形態は通常共同訴訟として審理が進められることになります。

     通常共同訴訟では、各共同訴訟人は他の共同訴訟人に影響されることなく、独立して訴訟追行することが許されます(共同訴訟人独立の原則(同法39条))。

     つまり、主債務者である元夫は保証人である相談者に関係なく、債務が存在しないという主張や、債務の残額についてローン会社と和解することも可能です。



     したがって、相談者が今回の裁判を欠席した場合、元夫の主張いかんによっては(理論上ですが)、ローン会社の夫に対する債権は認められず相談者に対する債権だけが認められる可能性もあります。また、相談者が保証人として全額返済しなければならないことになるかもしれません。その場合、別途、相談者から元夫に対して請求する(求償権を行使する)必要があります。



     ですので、相談者としては元夫とは別の弁護士を立ててその訴訟に参加されるのがよいでしょう。

2015年07月25日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ