金融業者からの新たな借り入れを防ぐには?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月10日

 夫は15年前くらい前から、2~3年に一度くらい、100~200万円を消費者金融から借りています。その借金を、自分では支払えなくなった時点で私に相談され、結局はそれまでにやっと貯めたお金で支払うか、私の親にお金を借りて支払ってきました。
 今回も消費者金融に300万円の借金があることが判り、母から200万、私が自営業なので万一のためとやっと貯めた100万円を支払いに当てることになりました。こんな事の繰り返しを防ぐために、新たな借り入れをできないようにする方法はないのでしょうか。

(30代後半:女性)

関連Q&A

連帯保証人になり家賃滞納され、私に請求され、困っています。

保証人・連帯保証人 2017年04月15日

家賃滞納され、保証会社から、請求されました。 滞納は、一年前から、みたいです。 昨日、いきなり通知が、来て、すぐ支払えとのことです。 しかも、弁護士からの内容証明も昨日来ました。 滞納が、あってから、何の連絡もなく、いきなりの請求です...

連帯保証人が認知症になり死亡した場合

保証人・連帯保証人 2017年03月29日

母親が今年亡くなりました。母親は生前、私の会社の銀行借り入れの連帯保証人になっていました。毎年銀行と融資の延長で1年ごとに契約を延長してもらっているのですが、去年の契約書には母親の名前は署名されていません。意思判断能力がないと銀行が判...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     新たな借り入れを防止するための制度として、「貸付自粛」という制度があります。これは、今後における貸金を自粛してほしい旨を信用情報センターに登録し、貸金業者等に貸付の自粛を求めるもので、登録の有効期限は、5年間です。

     貸付自粛は、各都道府県の貸金業協会で行うことができます。申請は、本人のほか、2親等以内の血族(親子、夫婦、兄弟姉妹、祖父母、孫)も行うことができるところが多いようですが、詳しくは各貸金業協会にお問い合わせください。申請には依頼者の実印、印鑑証明、住民票、免許証・パスポートなど本人と確認できるもののほか、登録料として5,000~数万円が必要となります。

     貸付自粛の申請により、信用情報センターを加盟している金融業者はその人への貸付を自粛するようになりますが、注意すべき点がいくつかあります。
    ひとつは、すべての金融業者が信用情報センターに加盟しているわけではないため、加盟していない中小の業者からの貸付については、止まらない可能性があります。また、かえって、チラシやダイレクトメール等で勧誘する高金利のヤミ金融業者による勧誘活動が活発になる例もあるようです。
     もうひとつは、すでに発行されているカードについては有効期限まで借り入れが可能である点です。このため、手元にあるカードについては破棄することが必要です。

     以上のように、貸付自粛によってある程度新たな借り入れを防止することができますが、完全にできなくするということは不可能といえます。したがって、貸付自粛を申請する場合であっても、家族でよく話し合い、新たな借り入れをしないという意思を確認することが大切でしょう。

2015年07月10日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ