認知症の父がこれ以上連帯保証人にならないようにするには

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月10日 01時31分

 父が共同経営の知人の借金の連帯保証人になり、さらに、父名義で信用金庫から借金をして、実際は知人が使っています。そして返さない為、もちろん父に催促状がきます。
 また、携帯電話さえも父名義で知人が使用し、使用料を払わず、催促が当然父にきています。また、以前父が貸した六百万もそのままです。恐らく借用書はありません。父の家のローンは父が年金から支払えていますが、残高は不明です。その父が認知症を発症。これ以上連帯保証人にならないか、このまま、知人がらみの金銭問題を引きずるのはまずいと思い、なんとかしないといけないと思うのですが、何からどのようにしたら一番よいのか、本当に困っています。



(40代:女性)

匿名弁護士

     認知症を発症されているということですので、家庭裁判所に成年後見人選任の申立てもしくは保佐人選任の申立てをされてはどうでしょうか。

     これらの者が選任される事によって、不用意に財産の処分をすることができなくなり、これ以上連帯保証人になる事も無くなるでしょう。

     また、現在既に負ってしまっている負債に関してはご自宅を保持される事にこだわらないのであれば、破産するという選択肢もあります。もっとも、後見人が選任された後に後見人が被後見人に代わって破産申立てをすることは、後見人の権限に含まれるかは難しい問題です。もっとも、「財産に関するすべての法律行為」を行うという後見人の役割を考えると、自己破産の申立をして、きちんと法的な手続きをとることで、本人に不利益がこれ以上及ばないようにするということもできると考えられるでしょう。

     なお。軽度の認知症であれば、成年後見人や保佐人の選任の申立てを行う前に、破産申立てをされてもいいかもしれません。

2016年03月10日 01時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

子供が借金を重ね、返せなくなった場合は保証人になっていなくても支払い義務は生じますか?

保証人・連帯保証人 2017年07月18日

私の25歳の弟が、あちこちで借金を重ねています。 両親も私も保証人にはなっていませんが、両親は弟が借金を返さなくなった際に自分達が払わなくてはいけなくなるのではないかと心配しています。 保証人にさえならなければ親でも子の借金の支払い義...

不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されますよね?

保証人・連帯保証人 2017年07月12日

賃料未払いによる建物明渡と未払金請求の訴訟で、借主Aと賃貸借契約中に亡くなった連帯保証人(借主の父)の法定相続人である妻Bを被告として訴訟を提起しました。 不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されると聞きましたが、 被告Bにも全...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

保証人・連帯保証人に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ