認知症の父がこれ以上連帯保証人にならないようにするには

User image 1 Legalus編集部さん 2016年03月10日

 父が共同経営の知人の借金の連帯保証人になり、さらに、父名義で信用金庫から借金をして、実際は知人が使っています。そして返さない為、もちろん父に催促状がきます。
 また、携帯電話さえも父名義で知人が使用し、使用料を払わず、催促が当然父にきています。また、以前父が貸した六百万もそのままです。恐らく借用書はありません。父の家のローンは父が年金から支払えていますが、残高は不明です。その父が認知症を発症。これ以上連帯保証人にならないか、このまま、知人がらみの金銭問題を引きずるのはまずいと思い、なんとかしないといけないと思うのですが、何からどのようにしたら一番よいのか、本当に困っています。



(40代:女性)

関連Q&A

連帯保証人になり家賃滞納され、私に請求され、困っています。

保証人・連帯保証人 2017年04月15日

家賃滞納され、保証会社から、請求されました。 滞納は、一年前から、みたいです。 昨日、いきなり通知が、来て、すぐ支払えとのことです。 しかも、弁護士からの内容証明も昨日来ました。 滞納が、あってから、何の連絡もなく、いきなりの請求です...

連帯保証人が認知症になり死亡した場合

保証人・連帯保証人 2017年03月29日

母親が今年亡くなりました。母親は生前、私の会社の銀行借り入れの連帯保証人になっていました。毎年銀行と融資の延長で1年ごとに契約を延長してもらっているのですが、去年の契約書には母親の名前は署名されていません。意思判断能力がないと銀行が判...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     認知症を発症されているということですので、家庭裁判所に成年後見人選任の申立てもしくは保佐人選任の申立てをされてはどうでしょうか。

     これらの者が選任される事によって、不用意に財産の処分をすることができなくなり、これ以上連帯保証人になる事も無くなるでしょう。

     また、現在既に負ってしまっている負債に関してはご自宅を保持される事にこだわらないのであれば、破産するという選択肢もあります。もっとも、後見人が選任された後に後見人が被後見人に代わって破産申立てをすることは、後見人の権限に含まれるかは難しい問題です。もっとも、「財産に関するすべての法律行為」を行うという後見人の役割を考えると、自己破産の申立をして、きちんと法的な手続きをとることで、本人に不利益がこれ以上及ばないようにするということもできると考えられるでしょう。

     なお。軽度の認知症であれば、成年後見人や保佐人の選任の申立てを行う前に、破産申立てをされてもいいかもしれません。

2016年03月10日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ