弟名義の車で旦那が失踪してしまいました

Legalus編集部さん 2015年08月07日

 弟名義の車で旦那が失踪しました。まだローンもあり支払いも残っていますが、旦那が車の支払いもしてくれず困っています。盗難届は、出せますか?失踪した時に、離婚するつもりで用紙を記入し、出ていきました。盗難届を出した後、車がみつかり、返してもらった後、示談はできますか?なるべくなら窃盗犯にしたくないです。よろしくお願いします。



(30代:女性)

関連Q&A

連帯保証人の所有資産

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

私の父は、姉の夫がA銀行から借りた借金の連帯保証人です。 姉の夫が、返済不能となった場合、 父は、父名義の自宅と土地に住み続ける事が出来なくなる可能性がありますか? 父名義の自宅と土地は、弟の借入金の担保としてB銀行が抵当権を設定して...

別れた彼女の市営住宅の家賃についての連帯保証

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

よろしくお願いします。 4年前に別れた彼女と別れるまで、市営住宅で半同棲していました。 市営住宅に住み始めたのは別れる更に2年前の6年前からです。 別れたから今日までの4年間、1度も会う事はおろか電話やメールすらしていません。 その彼...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     旦那様が弟さんの車に乗って失踪してしまった場合、そもそも盗難届が出せない場合があります。自動車の乗り逃げは窃盗罪(刑法235条)にあたります。しかし、窃盗罪は親族間で行った場合、形式上は犯罪に当たるものの罰せられないとする規定があります(親族相盗例刑法244条1項)。具体的に親族の範囲も規定されており、配偶者、直系血族、同居の親族間で行われた窃盗罪については不可罰とされています。

     ご相談内容から弟さんと旦那様の具体的な血縁関係がわかりかねますが、弟さんが旦那さんの実の弟(義理の弟ではない)の場合、窃盗罪にはなりません。また、旦那様から見て弟さんが義理の弟にあたる場合(ご相談者様の実の弟の場合)は、同居していれば親族相盗例が適用されて窃盗罪については不可罰となります。こうした場合、残念ながらローンの支払いを続けていかざるをえないものと思われます。



     一方、一緒に住んでいない(旦那さんから見て)義理の弟の車を持ち逃げしたという状況なら窃盗罪が成立する可能性はあり、盗難届の提出は可能です。もっとも、基本的に警察機関は家族間でのトラブル解決に消極的な部分があるため届出を受理しない可能性はあり得ると思われます。

     加えて、いったん捜査が始まり被疑者である旦那様を見つけて車が見つかった段階で被害届を取り下げたとしても、捜査がかなり進展していることを理由に取り下げが困難になりうる場合があることに注意が必要です。



     盗難届が出せないために、車両保険によってローン残債の支払いを免除されるという方法が困難になる点は苦しいところではありますが、「できるだけ窃盗犯にしたくない」ということであれば、警察に対して「家出人捜索願」を出して車ではなく旦那様本人の所在把握を優先するのがベターではないかと思われます。無事に旦那様が見つかったら、しっかり話し合ってローン支払いなどをしてもらうべきだと考えます。

2015年08月07日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ