賃貸借契約の保証人の義務はどこまで?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 平成8年11月1日に知人の賃貸借契約の連帯保証人になりました。平成9年の夏からその知人と連絡をとらなくなり、契約も2年間となっているので保証期間もそれで切れると思っていました。
 しかし今年の5月に家主から突然11ヶ月分の家賃滞納の請求をされました。聞けば慢性的に家賃は滞納気味だったとのこと。
 こんな場合でも保証義務があるのでしょうか?

(30代:女性)

関連Q&A

前の夫の彼女から未払い金の支払い請求の邪魔をされています。

保証人・連帯保証人 2016年12月07日

前の夫の連帯保証人(アパート)になってしまい、前夫が330000円の未払いの家賃の支払いに応じないために連絡を取っているのですが(電子メールで)その私が送ったメールに誹謗中傷的なコメントを加えて彼の現在の彼女が返信してきて、支払に応じ...

成年後見人と債務の保証人を兼務できますか?

保証人・連帯保証人 2016年09月05日

作年末に父が亡くなり、母の痴呆が急速に進んでしまい、今月から老人ホームにお世話になっています。実は、十年前に母が相続で遺産が入り、いくつかの株、土地を所有。また、五階建てのマンションも建て、経営していました。マンションのローンは、母名...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     保証契約存続中すでに発生した延滞賃料については支払い義務を免れることはできませんが、保証契約期間外のものについて支払い義務はありません。契約を更新する際には自署・押印するのが通常の方法であり、あなたがそのような保証契約更新の手続きをとっていないなら、何も請求に応じることはありません。家主さんに契約書を提示してもらいましょう。
     また、延滞の形態といってもさまざまなものがあります。たとえば、何ヶ月もの間住んでいるか否かも定かでないのにそれを知っていて家主さんが放置していたような場合、家主さんにも損害の拡大を防止しなかったことにつき、信義則上(民法1条2項)の責任が認められる場合もあります。

     そして、保証契約はすでに終了していること、またこれ以上保証人を続ける意思もないことをこの機会にはっきりさせましょう。判例では、たとえ保証契約の存続期間中であっても、保証人の主債務者に対する信頼関係が害されるに至ったなど保証人として解約申し入れをするにつき相当の理由がある場合には、特段の事情のないかぎり、一方的意思表示による保証契約の解除が認められています。
     でも、家主さんのほうでもそんないい加減な賃借人と賃貸借契約を続けていこうとはまさか思わないでしょうから、従たる契約であるあなたの保証契約も存続させる必要はなくなることになります。

2014年01月07日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ