知り合いの頼みで、形だけ「契約する」旨の署名に協力したが...

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 ウィンドサーフィンの道具を置くために艇庫という駐車場のようなものがあります。知り合いが新たに艇庫を開くにあたり、「銀行からお金を借りる必要ができたので署名集めに協力してほしい」と頼まれたので、艇庫を開き次第契約します、という内容の書類に署名しました。
 ところが後日契約書をみると、貸主の同意がないと解約できない、契約後2年間解約できない、などと内容が借主に一方的に不利になっています。
 今からでも契約を断りたいのですが、可能でしょうか?

(20代:男性)

関連Q&A

連帯保証人の所有資産

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

私の父は、姉の夫がA銀行から借りた借金の連帯保証人です。 姉の夫が、返済不能となった場合、 父は、父名義の自宅と土地に住み続ける事が出来なくなる可能性がありますか? 父名義の自宅と土地は、弟の借入金の担保としてB銀行が抵当権を設定して...

別れた彼女の市営住宅の家賃についての連帯保証

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

よろしくお願いします。 4年前に別れた彼女と別れるまで、市営住宅で半同棲していました。 市営住宅に住み始めたのは別れる更に2年前の6年前からです。 別れたから今日までの4年間、1度も会う事はおろか電話やメールすらしていません。 その彼...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたが署名した誓約書は、あくまで知り合いに頼まれて銀行に対し信用を作るために差し入れたもので、艇庫を借りることを知り合いに対して約束したものではないのでしょう。

     そうであれば、その誓約書は当事者(あなたと知り合い)間では無効であり、あなたは誓約書どおりの義務を負うことはありません。これを通謀虚偽表示民法94条1項)といいます。口裏を合わせて契約があるかのように見せかけただけで、実際には契約を結ぶ意思がなかった場合、民法はその見せかけの契約に拘束力を認めていません。
    ただし、善意の第三者〈署名が信用を作るためになされた実体のないものだと知らなかった銀行など〉には、契約するつもりはなかったのだと主張できませんから注意してください。
     また、誓約書が真意から出たもので、賃貸借契約の予約をしたものであったとしても、契約の要素(重要な部分)に錯誤民法95条)があったと認められ、無効を主張することができます。さらに、あらかじめ説明を受けていない要求をされているのであれば、そもそもあなたはそんな契約を結んでいないのですから、あなたには何の義務も生じません。知り合いのほうこそ、元の契約内容にしたがって、貸主としての義務を履行しなければならないのです。

     以上を前提に、やはり賃貸借契約を結ぶというのであれば、何をもって契約とするか、この際きちんと書面にしておかれることをお勧めします。口約束は争いのもとです。賃貸借契約を結ばないにしても、後日のため、契約を結んでいないことを確認する念書を作っておいたほうがいいと思います。

2014年01月07日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ