借用証書の添付書類

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時13分

 友人からお金を貸してもらうことになりましたが、印鑑証明、住民票、それに戸籍抄本まで求められました。
 「借用証書と印鑑証明、住民票だけでは、法的に効力がないから」と言うのですが、私としては戸籍まで知られたくありません。どうしても添付しなければならないのですか。

(30代:女性)

匿名弁護士

 お金の貸し借りは、民法上は「金銭消費貸借契約」と呼ばれます。
 一般に、消費貸借契約は、貸す方が「あるもの」を渡し、借りる方が種類、品質が同じものを、同じ数量だけ返すことを約束して成立します(民法587条。金銭消費貸借契約では「あるもの」が金銭であるだけです)。
 したがって、借用証書がなくても契約は成立します。借用証書は金銭の貸し借りがあったことを明らかにするための証拠にすぎません。

 「住所」は、第一義的には、借主を特定するためのものです。同姓同名の人は世間にいくらでもいるからです。住民票や印鑑証明書をつけるのは、記載された住所、押捺された印鑑に間違い・偽りがないこと、すなわち、お金を受け取り、返すことを約束した本人が、証書に正しく住所を書き、押捺したことを補強するためのものです。
 住民票や戸籍関係の書類は、借主が行方知れずになったときの探す手がかり、便宜にはなるかもしれませんが、それらの有無によって契約の効力が左右されるわけではありません。貸主とすれば、いくら書類を揃えさせようとも、逃げられてしまえばそれまでです。たとえ居所がわかっても、返済能力のない場合はどうしようもありません。その意味では、保証人を立ててもらったほうがよほど実効的です。ただ、それらの書類は、精神的に圧迫感を与えて返済を確実にする効果はあります。あなたがお金を借りようとしている人も、その辺を感じているのかもしれませんね。

 結論としては、戸籍抄本がなくても借用証書は有効である以上、貸主はそれを理由に添付を要求することはできません。戸籍はきわめて私的な情報であり、みだりに人に知られたくないという主張は妥当性のあるものです。また、印鑑証明書についても、不用意に渡すと、相手によっては実印の偽造に利用される可能性がないともいえません。

 お金を貸す方の立場が強く、借りる方が弱いのが世の常ですが、法律上は一個の「契約」にすぎません。借主としては、他の方法で確実に返済することを信用してもらうようにすれば、充分なのではないでしょうか。

2014年01月07日 04時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

① 債権の移転・詐害行為?  ② 保証人

保証人・連帯保証人 2021年10月05日

① AはBから600万円の借金をした。Aはその後債務超過になり、唯一の財産の不動産を友人Cに安値で譲渡し、友人Cは友人Dに時価相当 の700万円で売却した。つまり、登記は私A→友人B→友人Cになった。債権者BはCとDに対してどんな請求...

お金の返済について

保証人・連帯保証人 2020年09月22日

物を売ったのですが、相手が捕まってしまって、お金が返済がされません。 相手が(21歳)独身なんですけど この場合、相手の親から請求はできますか? できない場合はどうすればよろしいですか?

第三者が他者(成人)の実印と印鑑証明を用いて、他者(成人)を保証人として、他者(成人)の非同意のまま、連帯保証の形で債務を契約した場合

保証人・連帯保証人 2020年06月12日

第三者が他者(成人)の実印と印鑑証明を用いて、他者(成人)を保証人として、他者(成人)の非同意のまま、連帯保証の形で債務を契約した場合、他者(成人)を訴えることは可能か この問題に関して、訴えは可能だとする弁護士の先生方と、実務的には...

自分の知らない債務に関してどのように調べることが可能となりますか

保証人・連帯保証人 2020年06月03日

実印と印鑑証明書 印鑑証明カードの紛失が度々あり、非同意連帯保証が作成されております 自分の知らない債務に関してどのように調べることが可能となりますか

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する