クレジット契約の「参考人」にはどんな義務が?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 先日、2つのクレジット会社と契約しました。そのうち1社との契約書には、実家の住所と父の名を「参考人」として書きました。「参考人には支払い義務はない」と説明されたからです。もう1社との契約では、「連絡先」として、同じく実家の住所と父の名を書きました。
 万が一私に支払能力がなくなったとき、債権者は実家に向かうことと思います。父に相談せずに書いたので、その万が一の可能性を、父に対して申し訳なく思っています。
 本当に「参考人には支払い義務はない」のでしょうか。そして、債権者が父に支払いを求めた時、どのような対応をすればよいのでしょうか。

(20代:男性)

関連Q&A

前の夫の彼女から未払い金の支払い請求の邪魔をされています。

保証人・連帯保証人 2016年12月07日

前の夫の連帯保証人(アパート)になってしまい、前夫が330000円の未払いの家賃の支払いに応じないために連絡を取っているのですが(電子メールで)その私が送ったメールに誹謗中傷的なコメントを加えて彼の現在の彼女が返信してきて、支払に応じ...

成年後見人と債務の保証人を兼務できますか?

保証人・連帯保証人 2016年09月05日

作年末に父が亡くなり、母の痴呆が急速に進んでしまい、今月から老人ホームにお世話になっています。実は、十年前に母が相続で遺産が入り、いくつかの株、土地を所有。また、五階建てのマンションも建て、経営していました。マンションのローンは、母名...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「参考人」という名称であるかどうかに限らず、両親や配偶者の氏名、住所、生年月日などの情報を契約者に書かせることがしばしば行われているようです。契約者としては、クレジット・ローンの審査を通りたいため、円満に契約を済ませたいがために、ついつい近親者の個人情報を書いてしまいがちです。契約先(債権者)は、なんのためにこのような情報をほしがるのでしょうか。

     まず、近親者の情報は、債務者が「契約書に書いたとおりの人物として実在している」ということを、補強をしてくれる情報となりえます。他人になりすまして契約したり、多重債務者においては信用調査を免れる目的で生年月日を偽ったりしようとする場合には、近親者の情報を正しく申告することは困難になります。例えば、参考人の住所氏名から電話番号を調べ、申告された電話番号と照合できれば、相手が不正な手段で契約しようとしているのではないことが推測されるでしょう。
     また、債務者が支払不能となって連絡が取れなくなってしまったり、行方知れずになったりした場合には本人を探さなければなりませんが、その際実家の住所などは本人の居場所を知るための手がかりともなりえます。

     契約者に関する情報は、たとえ本人が申告した近親者に対しても漏らしてはいけないことが義務付けられているので、法を遵守するクレジット会社であれば、ご実家に電話したりすることはないはずです。しかし、悪徳業者であれば、心配されているように、ご実家に取り立てに向かうことが予想されます。
     そういう場合は、債務者本人と保証人以外は債務について義務を負うことはない、お父様はそのいずれでもないと、毅然とした態度で説明してください。裁判にするとか、弁護士費用も払わせる、などというかもしれませんが、そのような脅しに屈して支払ったりしないこと。少しでも支払えば、「この親から回収できる」と思われてしまいます。

     クレジット・ローン契約自体は、言うまでもなく、違法でもなんでもありません。


    1. 自分の支払能力を超えた契約をしないこと、

    2. 支払いを滞らせないこと、

    を守って、上手に利用してください。

2014年01月07日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ