元彼の借金の保証人を辞めたいんだけど...

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時15分

 元彼の借金300万円の保証人になっています。別れてしまった為、 保証人を止めたいのですが、方法はないでしょうか?

(30代前半:女性)

匿名弁護士

     保証人と一口にいっても、法的には、保証人連帯保証人があります。

     保証人の場合、債権者が請求してきても、まず本人へ請求してくれ (催告の抗弁権)、本人には財産があって容易に執行できるからまず そちらにかかってくれ(検索の抗弁権)と言うことができます(民法452条453条)。
     しかし、連帯保証人の場合、こうした主張は一切できません(民法454条)。
     つまり、「保証人」という言葉が使われていても、いわば、自分が直接借金しているのと同じようなものなのです。

     借金の保証人の場合、書類をみていただければわかると思いますが、連帯保証人になっているのが通常です。
     そして、法律的には、保証契約は、あなたと元の彼との間ではなく、あなたと債権者との間に締結されているのです。

     したがって、あなたが元の彼にいくら辞めたいといっても、債権者が同意してくれなければ辞めることはできないのです。
     債権者の同意をとりつけるためには、別の連帯保証人を探すか、物的担保を新たに入れるかする必要があります。
     しかし、現実には弁済を完了しない限り、保証人をやめることができません。

     今後は、くれぐれも安易に連帯保証人になることは避けるように注意すべきでしょう。

2014年01月07日 04時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

子供が借金を重ね、返せなくなった場合は保証人になっていなくても支払い義務は生じますか?

保証人・連帯保証人 2017年07月18日

私の25歳の弟が、あちこちで借金を重ねています。 両親も私も保証人にはなっていませんが、両親は弟が借金を返さなくなった際に自分達が払わなくてはいけなくなるのではないかと心配しています。 保証人にさえならなければ親でも子の借金の支払い義...

不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されますよね?

保証人・連帯保証人 2017年07月12日

賃料未払いによる建物明渡と未払金請求の訴訟で、借主Aと賃貸借契約中に亡くなった連帯保証人(借主の父)の法定相続人である妻Bを被告として訴訟を提起しました。 不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されると聞きましたが、 被告Bにも全...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

保証人・連帯保証人に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

相談したくなる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ