連帯保証人への取立てについて

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 友人が、お金を借りるため、知り合いに連帯保証人になってもらいました。その人に迷惑をかけないよう、毎月遅れることなく返済しています。
 しかし、連帯保証人になってくれた人は、そのことを家族に内緒にしているそうです。知られると大反対されるからです。もし取り立てにこられたりすると、連帯保証人になっていることが分かってしまうので、心配しています。
 遅れることなく返済をしていても、業者が連帯保証人に対して取立てが行くことはあるのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

連帯保証人の所有資産

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

私の父は、姉の夫がA銀行から借りた借金の連帯保証人です。 姉の夫が、返済不能となった場合、 父は、父名義の自宅と土地に住み続ける事が出来なくなる可能性がありますか? 父名義の自宅と土地は、弟の借入金の担保としてB銀行が抵当権を設定して...

別れた彼女の市営住宅の家賃についての連帯保証

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

よろしくお願いします。 4年前に別れた彼女と別れるまで、市営住宅で半同棲していました。 市営住宅に住み始めたのは別れる更に2年前の6年前からです。 別れたから今日までの4年間、1度も会う事はおろか電話やメールすらしていません。 その彼...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     法律上、連帯保証人が負う義務は重く、保証といっても「自分で借りたのと同じ」などといわれます。その理由の一つが、連帯保証人には、催告・検索の抗弁権がないことです。

     催告の抗弁とは、債権者が「払え」と請求してきたときに、保証人は「まず債務者に請求しろ」と主張できる、という権利です(民法452条)。
     また、検索の抗弁とは、債権者が「返せ」といってきたときに、債務者自身が資力を持っていて返せると証明できるときは、「まず債務者に強制執行しろ」と主張できる、という権利です(同453条)。

     普通の保証人にはこれらの抗弁権がありますが、連帯保証人には認められていません(民法454条)。つまり、連帯保証人は、請求してこられたとき、防御する手立てがないのです。すなわち、債務者への請求を省略していきなり取り立てることも、法律上は可能です。
     しかし、実際には、そんなことをする業者はいません。連帯保証人に別途請求するのは手間も費用もかかることで、債務者がきちんと払ってくれている以上、そんなことをする必要がないからです。
     ただし、連帯保証人の職場に電話したりして、勤務状態の確認を取ろうとしたりすることは考えられます。連絡が取れる方法を約束しておくなど、債権者を安心させておくことも必要かもしれません。

2014年01月07日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ