特別代理人がした契約の効力

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月18日 02時38分

 先日、債権回収業者から私宛に手紙が届きました。内容は私が、連帯保証人になっているから支払いを要求する。というような内容でした。父が家を建てる際に、私と母親を連帯保証人にしたようです。
 業者が送ってきた文書には、私の名前とともに特別代理人の名前が書いてあります。
 当時私は未成年者(小学校低学年)でしたし、連帯保証人にはなれないと思うのですが、成人になった今、私に支払いの義務は生じるのでしょうか。

(20代前半:男性)

匿名弁護士

 債権回収業者が送ってきた文書の内容が本物であれば、あなたは原則として支払いに応じなければならないと思われます。理由は以下の通りです。


 特別代理人とは、本来の代理人(親権者や成年後見人)と本人の間で利害が対立した場合に、家庭裁判所によって特別に選任される代理人で、その事項に限って本来の代理人の代わりに本人を代理します(民法826条860条)。
 今回のケースのように、親権者が負った債務について、子がその連帯保証人になる場合、親権者が子供を代理して契約すると、子の利益を害するおそれがあるため、利害関係のない第三者が代理人となるわけです。


 以上を前提とすると、特別代理人が選任され、特別代理人によって子を代理してなされた連帯保証契約は有効ですから、あなたは支払いの義務を負うことになります。


 もっとも、この契約があなたが小学校低学年のときに結ばれたものであるとすると、契約からすでに10年以上が経過していることになります。債権は10年間行使しないと時効により消滅しますから(民法167条1項)、途中で時効が中断されていなければ、時効の成立を主張することで支払いを免れることができます。ただし、主債務者である父親に対して請求がなされるなどして時効が中断していると、連帯保証人であるあなたの時効も中断することになるため(民法457条1項)、この点についての確認が必要になります。

2014年11月18日 02時38分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

お金の返済について

保証人・連帯保証人 2020年09月22日

物を売ったのですが、相手が捕まってしまって、お金が返済がされません。 相手が(21歳)独身なんですけど この場合、相手の親から請求はできますか? できない場合はどうすればよろしいですか?

第三者が他者(成人)の実印と印鑑証明を用いて、他者(成人)を保証人として、他者(成人)の非同意のまま、連帯保証の形で債務を契約した場合

保証人・連帯保証人 2020年06月12日

第三者が他者(成人)の実印と印鑑証明を用いて、他者(成人)を保証人として、他者(成人)の非同意のまま、連帯保証の形で債務を契約した場合、他者(成人)を訴えることは可能か この問題に関して、訴えは可能だとする弁護士の先生方と、実務的には...

自分の知らない債務に関してどのように調べることが可能となりますか

保証人・連帯保証人 2020年06月03日

実印と印鑑証明書 印鑑証明カードの紛失が度々あり、非同意連帯保証が作成されております 自分の知らない債務に関してどのように調べることが可能となりますか

メルペイ滞納してます。ログインできません。

保証人・連帯保証人 2020年05月20日

メルカリアプリのメルペイ後払いを1万円分使用していたのですが自分のミスでアプリを消してしまい、そこからパスワードなど忘れてログインできなくなってしまいました。三か月くらい滞納していて株式会社メルペイから連絡、そしてハガキが届いてしまい...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する