特別代理人がした契約の効力

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月18日 02時38分

 先日、債権回収業者から私宛に手紙が届きました。内容は私が、連帯保証人になっているから支払いを要求する。というような内容でした。父が家を建てる際に、私と母親を連帯保証人にしたようです。
 業者が送ってきた文書には、私の名前とともに特別代理人の名前が書いてあります。
 当時私は未成年者(小学校低学年)でしたし、連帯保証人にはなれないと思うのですが、成人になった今、私に支払いの義務は生じるのでしょうか。

(20代前半:男性)

匿名弁護士

     債権回収業者が送ってきた文書の内容が本物であれば、あなたは原則として支払いに応じなければならないと思われます。理由は以下の通りです。


     特別代理人とは、本来の代理人(親権者や成年後見人)と本人の間で利害が対立した場合に、家庭裁判所によって特別に選任される代理人で、その事項に限って本来の代理人の代わりに本人を代理します(民法826条860条)。
     今回のケースのように、親権者が負った債務について、子がその連帯保証人になる場合、親権者が子供を代理して契約すると、子の利益を害するおそれがあるため、利害関係のない第三者が代理人となるわけです。


     以上を前提とすると、特別代理人が選任され、特別代理人によって子を代理してなされた連帯保証契約は有効ですから、あなたは支払いの義務を負うことになります。


     もっとも、この契約があなたが小学校低学年のときに結ばれたものであるとすると、契約からすでに10年以上が経過していることになります。債権は10年間行使しないと時効により消滅しますから(民法167条1項)、途中で時効が中断されていなければ、時効の成立を主張することで支払いを免れることができます。ただし、主債務者である父親に対して請求がなされるなどして時効が中断していると、連帯保証人であるあなたの時効も中断することになるため(民法457条1項)、この点についての確認が必要になります。

2014年11月18日 02時38分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

子供が借金を重ね、返せなくなった場合は保証人になっていなくても支払い義務は生じますか?

保証人・連帯保証人 2017年07月18日

私の25歳の弟が、あちこちで借金を重ねています。 両親も私も保証人にはなっていませんが、両親は弟が借金を返さなくなった際に自分達が払わなくてはいけなくなるのではないかと心配しています。 保証人にさえならなければ親でも子の借金の支払い義...

不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されますよね?

保証人・連帯保証人 2017年07月12日

賃料未払いによる建物明渡と未払金請求の訴訟で、借主Aと賃貸借契約中に亡くなった連帯保証人(借主の父)の法定相続人である妻Bを被告として訴訟を提起しました。 不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されると聞きましたが、 被告Bにも全...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

保証人・連帯保証人に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【初回相談無料】【お気軽にお電話ください】【元裁判官の経験をフルに活かし,最良のリーガルサービスをご提供】

ページ
トップへ