友人の代わりに、私が借金。催促状がきたが...

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 友人が銀行等からお金を借りられないからと頼まれて、私名義で借金をしました。

 ところが、催促状が来たため、友人に返してくれるよう頼んでも、ちゃんと返してくれません。

 一体、どうすればよいのでしょうか。

 友人にお金を渡した際、借用書は書いてもらっていないのですが...。

(30代前半:男性)

関連Q&A

連帯保証人の所有資産

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

私の父は、姉の夫がA銀行から借りた借金の連帯保証人です。 姉の夫が、返済不能となった場合、 父は、父名義の自宅と土地に住み続ける事が出来なくなる可能性がありますか? 父名義の自宅と土地は、弟の借入金の担保としてB銀行が抵当権を設定して...

別れた彼女の市営住宅の家賃についての連帯保証

保証人・連帯保証人 2017年01月21日

よろしくお願いします。 4年前に別れた彼女と別れるまで、市営住宅で半同棲していました。 市営住宅に住み始めたのは別れる更に2年前の6年前からです。 別れたから今日までの4年間、1度も会う事はおろか電話やメールすらしていません。 その彼...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     友人の代わりに借りたといっても、あなたの名義で借金をした以上、借金をしたという契約(金銭消費貸借契約民法587条)の当事者はあなたであると考えるのが通常であって、友人ではありません。

     したがって、借金はあなたが返す必要があるのです。

     もっとも、あなたの名義で金融機関から借りたお金について、あなたと友人との間で、別個に、金銭消費貸借契約を結んでいれば、これに基づき、友人にお金を請求できます。その際に、借用書を公正証書にし、弁済できないときには強制執行を受けてもよいとの文言(強制執行認諾条項)を入れておくと安心でしょう。公正証書については、「公正証書って何?」をご覧ください。

     口約束で友人にお金を渡したのであれば、そうした契約が友人との間にあることを立証することは難しいでしょうが、証人等により立証することは可能です。

     ただ、友人が借金を重ねているとのことですから、友人に請求できても、友人にお金がないと考えられることから、実効性は乏しいかもしれません。

     どちらにせよ、自分の名義を貸すということが非常にリスクの高いことであることは十分に認識しておくべきでしょう。

2015年07月16日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ