親が断りなく子供を借金の保証人にしています

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 親が借金の際に、子供に黙って勝手に子供を保証人にしています。

子供の実印、認め印は渡していないので、市販の印鑑を使っているものと思われます。貸し主からの保証人になるかどうかの確認連絡はありません。

子供に、返済の義務は発生するのでしょうか。

また、保証人を解消するにはどうすればよいでしょうか。


(40代:男性)

関連Q&A

前の夫の彼女から未払い金の支払い請求の邪魔をされています。

保証人・連帯保証人 2016年12月07日

前の夫の連帯保証人(アパート)になってしまい、前夫が330000円の未払いの家賃の支払いに応じないために連絡を取っているのですが(電子メールで)その私が送ったメールに誹謗中傷的なコメントを加えて彼の現在の彼女が返信してきて、支払に応じ...

成年後見人と債務の保証人を兼務できますか?

保証人・連帯保証人 2016年09月05日

作年末に父が亡くなり、母の痴呆が急速に進んでしまい、今月から老人ホームにお世話になっています。実は、十年前に母が相続で遺産が入り、いくつかの株、土地を所有。また、五階建てのマンションも建て、経営していました。マンションのローンは、母名...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     保証人としての義務は、保証人が保証債務を負う意思で書面による保証契約を行ってはじめて発生します(民法第446条。もっとも、平成16年以前に成立した保証契約では書面によらずとも保証契約は成立します)。ですから、親が借金の際に子供の了解をとらずして子供の氏名を保証契約書の保証人欄に署名・押印した場合には、原則として子供に保証人としての義務は発生せず、子供は親の借金を返済する必要はありません。



     もっとも、個別具体的な事情の元では子供に黙示の保証意思があったとして保証人としての義務が認められてしまうケースもあります。例えば、親と子が同居の上家族経営で自営業を営んでいる状況で親が営業資金を借金した様なケースでは、勿論例外的にではありますが、子供に保証人としての義務が認められる可能性もあるでしょう。


     保証人を解消するための方法として、貸し手との話し合いで保証人を解消することができれば一番良いのですが、これは現実問題としてなかなか難しいでしょう。そこで、裁判所に、私(子供)は保証人では無く保証債務を負っていませんとの事実を確認する、「保証債務不存在確認請求」訴訟を提起することをお薦めします。


     又、主債務者である親が借金を返済している間は保証人には実害は無いとして、実際に子供が保証債務の履行として借金の返済を求められてから上記訴訟を提起するというのも一手段ではありますが、その場合には、あなたのお給料や預貯金等の資産に対する仮差し押さえがなされるリスクもありますので、今すぐに「保証債務不存在確認請求」の訴訟を起こすのか、実際に借金の返済を求められてからにするのか、よく考えて結論を出して下さい。

2014年01月07日

保証人・連帯保証人に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ