主債務者に支払能力があるのに、連帯保証人に請求してもいいの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時14分

 知人は、中小企業の社長Aさんの連帯保証人になっています。
 Aさんの支払いが滞り、知人のもとにも督促状が届きました。知人は仕方なく、別の金融機関から借りて、返済してゆくことになりました。
 しかし、元々の債務者であるAさんは、全く罪悪感がありません。土地も財産もそのまま。生活スタイルもまったくかわらず、きりつめる様子はありません。その気になって金策すれば、十分返済が可能ではないかと、はたから見て思います。
 債権者は誰から回収しようがどうでもいいのでしょうが、納得できません。
 やはり連帯保証人だから仕方がないのでしょうか。

(20代前半:女性)

匿名弁護士

     連帯保証人は、単なる保証人と異なり、債権者に対して、まず主債務者に請求してくれといったり(催告の抗弁民法452条)、まず主債務者の財産に執行するようにいったり(検索の抗弁民法453条)することができません(民法454条)。つまり、債権者はどちらに対して支払の請求をしてもよいことになります。
     したがって、債権者との関係では支払わなければならないということになります。

     もっとも、債権者の請求に応じて連帯保証人が全額を支払い、債務が消滅した場合には、保証人は主債務者に対してその支払った額について求償権を行使することができます(民法459条)。ですから、連帯保証人であるあなたの知人は主債務者であるAさんに対し、債権者に支払った金員を返還するよう請求することができます。
     Aさんの土地や財産に余剰がある様子であれば、保全(仮差押、仮処分)をすることや執行をすることも考えてみてください。

2014年01月07日 04時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

子供が借金を重ね、返せなくなった場合は保証人になっていなくても支払い義務は生じますか?

保証人・連帯保証人 2017年07月18日

私の25歳の弟が、あちこちで借金を重ねています。 両親も私も保証人にはなっていませんが、両親は弟が借金を返さなくなった際に自分達が払わなくてはいけなくなるのではないかと心配しています。 保証人にさえならなければ親でも子の借金の支払い義...

不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されますよね?

保証人・連帯保証人 2017年07月12日

賃料未払いによる建物明渡と未払金請求の訴訟で、借主Aと賃貸借契約中に亡くなった連帯保証人(借主の父)の法定相続人である妻Bを被告として訴訟を提起しました。 不動産の賃貸借契約の連帯保証人の債務は相続されると聞きましたが、 被告Bにも全...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

保証人・連帯保証人に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

まずは,お気軽にご相談ください。

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ