実質的危機時期と清算価値の計算

User image 1 ありがおさん 2018年10月20日 18時20分

度々お伺いいたします。
個人再生を進めるにあたり、実質的危機時期以降の現金・普通預金化した財産は、弁護士費用等の有用の資であれば、清算価値から除外されるが、
通常の生活費は有用の資として認められない。現金・普通預金化される前の状態を前提に清算価値が計算されると伺ったのですが、
この場合の「実質的危機時期」とはいつのことをいうのですか?
また、現金を生活費として使っても、現金があった時の状態として計算されるということですか?
ご教示をお願いいたします。

「実質的危機時期」という表現は、おそらく旧破産法下の表現かと思いますが、現行の破産法・民事再生法では、「支払停止」といって、個人再生の場合は通常、弁護士に依頼して債務整理受任通知を債権者に送付した時期を指すとされます。

生活費として相当な範囲内で現金を使用している場合は、通常は問題ありません。
ただ、生活費の名目で多額の現金が費消されていた場合、資産隠匿や浪費を疑われて追及される恐れがあるため、ご注意頂く必要があります。

2018年10月20日 19時02分
お礼メッセージ

ご回答ありがとうございます。御礼が大変遅くなり失礼いたしました。
通常の生活費として使用する場合は問題ないということで理解しました。
ありがとうございます。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

局留めをお願いしていた任意整理の内容が自宅へ届き、家族から絶縁されました

個人再生 2020年03月14日

お恥ずかしい話ではあるのですが、キャッシングで200万円の借金をしてしまい、弁護士を通して任意整理を進めておりました。 家族には心配や迷惑をかけたくなかったため、書類等は全て局留めで、とお願いをしていたのですが、先日任意整理の和解書が...

借金返済について最善の方法とは。

個人再生 2019年10月15日

飲食店2店舗経営。 自宅は抵当に入っています。 借金と税金の滞納があります。 売り上げはまぁまぁあるのですが。 どのような対応をとっていけばいいのか、一番良い方法が分かりません。

Credit card harsh words and letters

個人再生 2019年10月08日

I already spoke to a lawyer about civil rehabilitation and one of the credit card company threaten me that they will ...

個人再生で子供名義の通帳の扱いについて、

個人再生 2019年03月13日

初めまして、個人再生について質問させてください。 扶養している子供名義の通帳は個人再生する本人の財産として見なされますか? 子供の通帳を確認したら生まれた時からのお年玉、いろんな人からのお小遣い等が入って100万以上ありました。 子供...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する