債権譲渡後に任意整理や個人再生は可能でしょうか?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月16日

 何年も消費者金融からの債務を抱えているのですが、ほったらかしにしていると、債権譲渡されました。この場合、任意整理や個人再生はできるのでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

個人再生とおじと祖母の衝突について

個人再生 2017年04月07日

僕とおじと母と祖母で暮らしていますが、おじが障害厚生年金で月に1回10万円支給されることになりました。今個人再生の手続き中です。今頼んでいる弁護士さんには裁判官に提出する材料をあつめている段階です。裁判官に提出する材料として毎月4万円...

弁護士さんにお願いしているが、6年以上も破産手続を開始できないで過ぎている。

個人再生 2017年02月09日

6年ほど前に弁護士さんに、破産手続をお願いしたのですが、家、車等々6年前に処分し手続開始を待っていたのですが、私の資産の中に私の生家があります。栃木県日光市足尾町と山の中で過疎の町。全く買い手がつきません。固定資産ということで、この処...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     民法においては、債務者への通知など一定の手続きは必要ではありますが、債権の譲渡は原則的に自由に行うことができる旨が規定されています(参照:民法466条467条など)。

     これは、お金の貸し借りで考えると、「契約主体」である貸し手が変わるのであって、貸している金額の内容など、そのほかの「契約内容」については基本的には変更をきたすものではありません。

     任意整理(裁判ではなく、貸金業者などと合意をして利息の低減や借金の減額交渉を行う方法)や、個人再生(民事再生法に基づき、返済負担の圧縮や編成計画の立案を行い、それを支援する法的手法)は、借りているお金の減額など契約内容を扱うものです。

     したがって、契約主体が債権譲渡によって変更されたとしても、任意整理や個人再生などの再生手続きを採用することは可能です。



     もっとも、その過程において、いわゆる「過払い金請求」、具体的には貸金業者が法定の金利以上の料率を設定し、それに対して支払いを行っていた場合、支払うべきでなかった金利分について返還を求める不当利得返還請求(民法703条など)を行う場合、譲渡前の貸金業者に対して請求すべきか、譲渡後の第三者に対して行うべきかについては、裁判所の判断が分かれているのが実情です。

     任意整理にしろ、個人再生にしろ、弁護士などの助力を得る必要があろうかと思われます。その際、過払い金請求をなさる場合は、上記の点を踏まえて、綿密に相談されることが必要であろうと思われます。

2015年07月16日

個人再生に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ