親を破産させたいのですがどうすればよいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年05月27日 19時11分

 私は以前、親の肩代わりをした私名義の借金を背負い破産宣告を受け、今は銀行とのお付き合いもさせてもらえるようになりました。しかし、親の借金は私に内緒でまだあったのです。身に覚えがないのですが、私が連帯保証人になっているものもあります。

 親の債務を全て洗いざらいにして、破産宣告を受けたいのですがどうすればよいでしょうか?



(30代:男性)

匿名弁護士

     今回のケースでまず心配な点が、「身に覚えがないのに連帯保証人になっている」とのご指摘がある点です。

     連帯保証契約の場合、主たる債務者である親御さんが債務を履行しない場合、その債務の支払いはご相談者様が負わなければならず、債権者がかなり強い保証契約となります(民法446条454条)。

     親御さんが債務整理手続に入れば、債権者は連帯保証人であるご相談者様に請求することになります。したがって、親御さんが破産手続に入る前に、連帯保証が無効であることを確認することが重要になります。



     まずは、形式上連帯保証契約となっている契約書類をかき集めて、署名や押印が勝手になされたものであることを債権者に対して主張し、債権者との間で連帯保証契約が無効であることを確認する必要があります。

     その後に、親御さんの借金について洗い出しを行います。例えば、信用調査会社などから債権情報を取得するなどすれば、(個人間での金銭貸付やヤミ金などからの借り入れを除いて)債権の所在がわかります。

     そして、借金に対しての収入などから返済能力を考え、複数ある債務整理手続の中からいずれが妥当な方法かを検討することになります。



     手法の選択については、収支のバランスや借金の多寡などによって異なります。

     どのような手法を選択すべきかについては、洗い出しを行った後に、債務整理などに明るい弁護士などの専門家を頼ることをおすすめいたします。



     なお、連帯保証契約の無効を主張することができず、弁済せざるを得ない場合、再度の破産も考慮しなければならないことになりますが、この場合には、前回の免責許可決定からの期間が問題となります。

     もし、前回の免責許可決定から7年以内に破産した場合、免責不許可となるためです(破産法252条1項10号イ)。



     もっとも、破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは、免責許可の決定をすることができるとされているため(同条2項)、仮に免責許可決定から7年以内であっても、裁判所に事情を説明し、理解が得られれば、免責許可決定が出される可能性もあります。

2016年05月27日 19時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

保証人

連帯債務 2017年06月01日

30年ほど前、姉がお店を出すとゆうことで、私(兄)がそのお店の保証人になりました。それから30年、お店は赤字状態ですが、存続はしてます。ここ2~3年で親戚間でのトラブルが相次ぎ、姉とは絶縁したいくらいです。 30年前になった保証人をお...

家賃を滞納していた場合の夫婦の連帯責任、ブラックリストに載るのか

連帯債務 2017年05月12日

現在、賃貸物件に夫婦二人で住んでいるのですが、家賃は主人の口座から引き落とされています。 つい最近主人の知り合いから、実はうちの主人は家賃をずっと滞納していて、その家はもう強制退去の手続きを裁判所がとっていると伝えられました。 後は裁...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

連帯債務に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

ページ
トップへ