親を破産させたいのですがどうすればよいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年05月27日 19時11分

 私は以前、親の肩代わりをした私名義の借金を背負い破産宣告を受け、今は銀行とのお付き合いもさせてもらえるようになりました。しかし、親の借金は私に内緒でまだあったのです。身に覚えがないのですが、私が連帯保証人になっているものもあります。

 親の債務を全て洗いざらいにして、破産宣告を受けたいのですがどうすればよいでしょうか?



(30代:男性)

匿名弁護士

 今回のケースでまず心配な点が、「身に覚えがないのに連帯保証人になっている」とのご指摘がある点です。

 連帯保証契約の場合、主たる債務者である親御さんが債務を履行しない場合、その債務の支払いはご相談者様が負わなければならず、債権者がかなり強い保証契約となります(民法446条454条)。

 親御さんが債務整理手続に入れば、債権者は連帯保証人であるご相談者様に請求することになります。したがって、親御さんが破産手続に入る前に、連帯保証が無効であることを確認することが重要になります。



 まずは、形式上連帯保証契約となっている契約書類をかき集めて、署名や押印が勝手になされたものであることを債権者に対して主張し、債権者との間で連帯保証契約が無効であることを確認する必要があります。

 その後に、親御さんの借金について洗い出しを行います。例えば、信用調査会社などから債権情報を取得するなどすれば、(個人間での金銭貸付やヤミ金などからの借り入れを除いて)債権の所在がわかります。

 そして、借金に対しての収入などから返済能力を考え、複数ある債務整理手続の中からいずれが妥当な方法かを検討することになります。



 手法の選択については、収支のバランスや借金の多寡などによって異なります。

 どのような手法を選択すべきかについては、洗い出しを行った後に、債務整理などに明るい弁護士などの専門家を頼ることをおすすめいたします。



 なお、連帯保証契約の無効を主張することができず、弁済せざるを得ない場合、再度の破産も考慮しなければならないことになりますが、この場合には、前回の免責許可決定からの期間が問題となります。

 もし、前回の免責許可決定から7年以内に破産した場合、免責不許可となるためです(破産法252条1項10号イ)。



 もっとも、破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは、免責許可の決定をすることができるとされているため(同条2項)、仮に免責許可決定から7年以内であっても、裁判所に事情を説明し、理解が得られれば、免責許可決定が出される可能性もあります。

2016年05月27日 19時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

非同意連帯債務に関連する訴訟に関して

連帯債務 2020年06月05日

実家に実印と印鑑証明を保管していたところ、親が、本人の同意なく、本人を保証人として非同意連帯保証を組んだが、印鑑証明書の有効期限を超えていた 金融機関は印鑑証明書の有効期限の確認なく、非同意連帯保証債務契約を締結した この場合、本人は...

時効になった民事(債務不履行など)に関する示談の可能性について

連帯債務 2019年06月24日

昨年亡くなった父が、30年ぐらい前に親族A氏(すでに故人)と一緒に合資会社を経営していました。 その会社の資金繰りが厳しくなり、信用金庫から1500万円を借りました。(会社の借入金) しかし、信用金庫への返済は、共同経営をしていた親族...

代理で契約してくれた兄の信用に傷がついた

連帯債務 2019年01月23日

兄の名義で携帯を契約してもらいました。私の都合で延滞が続き、兄の信用に傷がついてしまいローンが5年組めなくなったと連絡がきました。 兄は全く関係なく、私の間違いです。 何とか信用情報を回復できないでしょうか?

連帯債務、住宅ローン一方が自己破産した時の対処法を教えて下さい!

連帯債務 2019年01月15日

2年前に離婚しました。 共有名義で購入した住宅ローンが2000万ほど残ってます。元夫が支払い住み続けていますが、支払いが苦しく自己破産を考えているようです。私の持ち分は1割程度、現在無収入で今後も収入を得る予定はありません。 自己破産...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する