自己破産時の弁護士費用の未払いがあるとローンが組めない!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時10分

 10年前に、自己破産をして、現在はやっと人並みの生活ができるようになりました。家族も持てました。しかし、まだローンの審査が通りません。家賃が高く、車も現金でしか購入できず、とても苦しいです。
思い当たることといえば、破産したときの弁護士費用が未払いになっている可能性があることくらいです。私が直接振込をしておらず、領収書も受け取った記憶もなく、今となっては、弁護士さんの名前も曖昧になってしまっています。
弁護士費用が未払いであることが原因で、ローンが組めないということはありますか?その時の弁護士さんを特定する方法はありますか?



(40代:男性)

匿名弁護士

     まずは、「破産者はローンを組めない?」をご覧ください。



     上記記事に書かれている通り、7年~10年の間はいわゆるブラックリストに相談者の情報が載っている可能性があります。相談文では、10年前に破産をされたということですので、一部情報が残っている可能性があります。今回はそのことによってローンの審査が通らないのかもしれません。一度、本人開示制度を利用されてみてはいかがでしょうか。



     相談者がローン審査をパスできないことと、弁護士費用の未払いとは関係がないでしょう。なぜなら、弁護士費用が未払いであることは、信用情報機関の登録対象情報とはなっておらず、ブラックリストに載らないからです。

     もっとも、ブラックリストに載っていないからといって必ずローンの審査に通るわけではありません。なぜなら、融資希望者の事情を総合的に考慮して融資の有無を決める最終的な決定権は銀行側にあるからです。



     なお、弁護士の職務に関する債権は、その原因となった事件が終了した時から2年間行使しないときは時効により消滅します(民法172条1項)ので、相談者は既にその弁護士に対して報酬を支払う必要はありません(もっとも、その弁護士から費用を請求されたときに「時効消滅しているので支払わない」という意思表示をする必要はあります。)。



     利害関係人は、裁判所書記官に対し、破産法に基づき、裁判所に提出され、または、裁判所が作成した文書その他の物件の閲覧を請求することができます(破産法11条)。ですので、当時の担当弁護士が誰であったか調べたいのであれば、相談者の破産事件に関する記録を裁判所で謄写(コピー)してもらえば、弁護士の作成した記録に弁護士名が書かれていますので、誰が弁護士であったかを知ることができるでしょう。

2015年07月16日 01時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

車の連帯保証人。車の所有者が自己破産したら?

自己破産 2017年07月11日

友人の車の連帯保証人になっています。 しかし、その友人が事業に失敗して 自己破産も時間の問題という状況です。 友人が自己破産してしまった場合、 車の連帯保証人になっている私には、 残りのローンの請求が来るのでしょうか? 教えて頂きたく...

お金をだまし取ったら、自己破産の免責不許可事由のあたるのではないかと思うのですが。

自己破産 2017年07月06日

サラ金への返済に困っている会社の部下に同情して、その全額を肩代わりしてあげ、それを無利子で長期間にわたり小額ずつ返済してもらうことで同意しました。 借用書は作成してもらい、また、サラ金には全額返済したとのお礼の連絡がありました。 (な...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

自己破産に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

まずは,お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ