自己破産できたのに債権者から請求された!

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 自己破産を去年2012年の10月にしまして債権者一覧に載せたもの全て免責確定しました。2013の5月になって、ガス料金の支払いについて債権回収会社から手紙が来ました。債権者一覧にガス会社A社の債権額21214円を載せ免責を得ております。しかし、今年5月にB債権回収会社から、A社の債権を代位弁済をしましたと手紙で案内がきました。手紙の内容は、ガス料金を21214円を一括で払うか、分割で払うか、その他に希望があればお知らせ下さいとの内容連絡でした。債権者一覧に載せ免責確定をしたので、支払う義務はないと思いますが、免責が確定しましたと、手紙で返信したほうが宜しいでしょうか?それとも無視で宜しいでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

借金により親の扶養が満足に出来ない義弟を何とかしたい。

自己破産 2017年01月19日

現在、妻の弟が義母と一緒に暮らして面倒を見ていますが、住宅ローンに加えて商工ローンや他金融機関に借金があり、その返済で生活費も捻出できない状況です。 電気・水道・電話・ガスが止められるのは頻繁で食費も足りていません。義母が病気になって...

宗教法人の破産

自己破産 2016年12月28日

友人が職員をやっている宗教法人の経営(?)がままならなくなり、 破産手続きを取ろうと彼の友人の弁護士さんに相談したところ、 その弁護士さんからの回答は「宗教法人は破産させられない」というような 内容の回答だったそうです。 弁護士さんに...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)については免責されません(破産法253条1項6号)。

     相談者は、A社を債権者として債権者一覧表に債権額とともに記載していたのですから、当然当該債務については免責されています。また、免責許可決定後に生じた新たな債務であれば支払う必要もありますが、今回B社から請求されている金額と免責された金額が同じである事から、免責を受けたA社の債権と同一の債権であると考えられます。

     したがって、B社には既に免責許可決定を得ており支払う必要は無い旨を伝えればよいでしょう。その際には免責許可決定書のコピーを送付されると相手の納得も得やすいです。昨年の破産事件ですので申立てを委任された弁護士も決定書の写しをまだ保管しているはずですので、決定書が手元に無い場合には、当該弁護士にコピーをくれるように申し出れば送付してくれるでしょう。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ