自己破産すると車は絶対に処分しなければならない?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 自己破産しないで、借金を、まとめて、一つにしたいのですができません。どうすればいいのですか?自己破産すると車は処分しなければならないと聞きました。車は、職場が遠く通勤に使用しているので、無くなると困ります。



(30代:男性)

関連Q&A

借金により親の扶養が満足に出来ない義弟を何とかしたい。

自己破産 2017年01月19日

現在、妻の弟が義母と一緒に暮らして面倒を見ていますが、住宅ローンに加えて商工ローンや他金融機関に借金があり、その返済で生活費も捻出できない状況です。 電気・水道・電話・ガスが止められるのは頻繁で食費も足りていません。義母が病気になって...

宗教法人の破産

自己破産 2016年12月28日

友人が職員をやっている宗教法人の経営(?)がままならなくなり、 破産手続きを取ろうと彼の友人の弁護士さんに相談したところ、 その弁護士さんからの回答は「宗教法人は破産させられない」というような 内容の回答だったそうです。 弁護士さんに...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     自己破産をする際に車を手放さなければならない場合としては、



    1. ローン会社が担保として引き上げる場合と

    2. 破産手続きにおいて、車が破産者の財産であり破産財団として債権者への配当に充てるために処分される場合


    があります。

     いずれの場合に置いても自己破産をしても車を処分しなくてもよい場合があります。

     まず、ローン会社はローンの支払いを継続すれば車を引き上げる事はありません。もっとも、破産者が車のローンの支払いを続けるのは偏頗弁済にあたり問題があります。そこで、親族に名義変更し親族にローンの支払いを継続してもらい、本人が使用を継続するという方法があります。もっとも、



    1. ローン会社に所有権が留保されており、

    2. 明らかなオーバーローンで破産手続きにおいて配当可能性が全く見込めない場合


    でなければ、後に管財人から否認権を行使される可能性がありますので、慎重に行う必要があります。

     また、ローン契約において所有権留保(担保権)がローン会社に設定されていなければ(車検証の名義人欄がローン会社でなければ)、たとえ車検証の名義人が本人ではなく自動車販売店であったとしてもローン会社は引き上げる事は出来ません(最高裁平成22年6月4日判決参照)。

     次に、破産手続上手放さなくてもよい場合として、査定額が20万円以下もしくは普通自動車で初年度登録から7年、軽自動車・商用の普通自動車で5年を経過しており、新車時の車両本体価格が300万円未満で、かつ外国製自動車でないときは、現在の価値はほぼ無価値であるとして破産財団に計上されず処分しなくても済みます。

     また、自由財産の拡張の主張をすることによって、車を手放さなくてもよいことがありますが、認められるという保証はありません。相談者の場合、通勤に必要との事ですので、他に公共交通機関の利用が難しい等の事情があれば認められる可能性はあります。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ