自己破産になりますか?債務整理になりますか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年08月02日 02時13分

 主人が病気で働けないため生活保護受給中です。私はパートで働いています。クレジットカードの借金が約160万ほどあり、支払いが月8万ぐらいになっています。最初は金額も少なく払えていましたが、主人が働けなくなり保護費も2万円ぐらい少なくなりました。そのため支払いがこのところ厳しくなっています。また、生活保護費を借金返済に使ってはダメだとも聞きました。

 160万ぐらいでも自己破産できますか?それとも債務整理とかになりますか?教えてください。



(40代:女性)

匿名弁護士

 いわゆる債務整理には複数の法的解決策があります。例を挙げれば、任意整理特定調停個人再生自己破産などです。



 ただ、今回のケースであれば選択すべき手法は「自己破産」のみになるとお考えください。というのも、任意整理、特定調停、個人再生は債務の減額などは行うものの、基本的に返済を前提としています。



 「必要最低限度の生活を送るための費用」として支給されるものである生活保護費は、債務の返済のために支給されるものではありません(場合によっては自治体側がご相談者様への生活保護費の支給をストップしてもおかしくない状況です)。

 したがって、前述の「返済を前提とする債務整理」は選択しえないことになります。



 今回のケースであれば、素直に「自己破産」を選択すべきと考えます。

 自己破産は(破産手続開始決定を受けて、破産者となり)手続の過程において「免責」を得ると、借金の支払い義務がなくなり、「借金を支払わない(正確には支払えないことを債権者に法的に認めてもらう)」整理方法ということになります。

 自治体側にも現在の状況をきちんと説明して、自己破産をする旨を理解してもらえれば支給がストップするということもないものと考えられます(今後、純然と生活を支える費用として生活保護の支給が使われることになり法の趣旨にかなうため)。



 自己破産のメリットとしては、借金支払いから解放されることが挙げられます。もっとも、破産によって自己所有の財産(住宅や自動車など)を手放さなければならなくなったり、一定の職業に就くことができなくなります。

 また、いわゆるブラックリストに掲載される期間(こちらの記事を参照)は新たな借金はできなくなります。しかし、これらも改めて生活を立て直そうとしようということを考えればプラスの事情ともいえます。



 自己破産を行うにあたって、法的手続の費用などに困るようであれば、一度法テラスにご相談されることをおすすめします。

 法テラスによっては、破産予納金などの法的手続に関する費用の立て替えを受けられるケースがあります。ご相談の上活用してください。

2016年08月02日 02時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

免責後の債権者から差押え通知書が来ました

自己破産 2018年10月12日

地元の市役所から娘の大学入学準備金を借り入れしました。保証人は実の弟です。 その後、生活が困窮したために私自信が自己破産の申請をして免責がおりました。 免責の債権者に市役所と弟がはいっております。 免責がおりたあとも弟に迷惑をかけない...

管財人のところへ郵便物回送嘱託

自己破産 2018年08月22日

管財人事件になっている案件で郵便物は管財人に転送されるのが普通ですが、銀行からの郵送物が一部普通に届いています。 管財人がその事に関して、『なぜ郵便物が届いたの説明してください。』と言われるのですが、間違えて届けた以外に理由は有ります...

免責許可下りたあと取り立てがきた場合の対処方法

自己破産 2018年08月19日

生活保護ギャンブル自己破産です。もし免責許可が下りて決まったあとに取り立てが来ることがありますか?きた場合どうすればいいのでしょうか不安なので回答宜しくお願いします。

貸金返済額の交渉中に、借主が自己破産をしたいと言い出した。当初の借主側からの提案返済額まで減額を了承しても、もう貸金は返してもらえないの?

自己破産 2018年08月15日

H23年に、貸家退去とともに、家賃未納金300万円を月4万円ずつ振込む、遅延時は残額と遅延損害金の合計額を直ちに支払うという合意書を借主ととりかわしました。その後、250万円が未払いのままで、H24年から遅延損害金が発生しています。 ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html