自己破産になりますか?債務整理になりますか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年08月02日 02時13分

 主人が病気で働けないため生活保護受給中です。私はパートで働いています。クレジットカードの借金が約160万ほどあり、支払いが月8万ぐらいになっています。最初は金額も少なく払えていましたが、主人が働けなくなり保護費も2万円ぐらい少なくなりました。そのため支払いがこのところ厳しくなっています。また、生活保護費を借金返済に使ってはダメだとも聞きました。

 160万ぐらいでも自己破産できますか?それとも債務整理とかになりますか?教えてください。



(40代:女性)

匿名弁護士

 いわゆる債務整理には複数の法的解決策があります。例を挙げれば、任意整理特定調停個人再生自己破産などです。



 ただ、今回のケースであれば選択すべき手法は「自己破産」のみになるとお考えください。というのも、任意整理、特定調停、個人再生は債務の減額などは行うものの、基本的に返済を前提としています。



 「必要最低限度の生活を送るための費用」として支給されるものである生活保護費は、債務の返済のために支給されるものではありません(場合によっては自治体側がご相談者様への生活保護費の支給をストップしてもおかしくない状況です)。

 したがって、前述の「返済を前提とする債務整理」は選択しえないことになります。



 今回のケースであれば、素直に「自己破産」を選択すべきと考えます。

 自己破産は(破産手続開始決定を受けて、破産者となり)手続の過程において「免責」を得ると、借金の支払い義務がなくなり、「借金を支払わない(正確には支払えないことを債権者に法的に認めてもらう)」整理方法ということになります。

 自治体側にも現在の状況をきちんと説明して、自己破産をする旨を理解してもらえれば支給がストップするということもないものと考えられます(今後、純然と生活を支える費用として生活保護の支給が使われることになり法の趣旨にかなうため)。



 自己破産のメリットとしては、借金支払いから解放されることが挙げられます。もっとも、破産によって自己所有の財産(住宅や自動車など)を手放さなければならなくなったり、一定の職業に就くことができなくなります。

 また、いわゆるブラックリストに掲載される期間(こちらの記事を参照)は新たな借金はできなくなります。しかし、これらも改めて生活を立て直そうとしようということを考えればプラスの事情ともいえます。



 自己破産を行うにあたって、法的手続の費用などに困るようであれば、一度法テラスにご相談されることをおすすめします。

 法テラスによっては、破産予納金などの法的手続に関する費用の立て替えを受けられるケースがあります。ご相談の上活用してください。

2016年08月02日 02時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

配偶者による返金は偏頗弁済に当たるのか。

自己破産 2020年03月10日

只今破産手続き準備中です。 弁護士さんにお願いして2年分の通帳コピー 源泉徴収等、家計収支表1ヶ月分を提出した所です 毎月一定額を振り込み貯まったら破産申し立てをする計画ですが この場合破産申し立てをする直前2〜3ヶ月分の家計収支表を...

配偶者が返金したら偏頗弁済に当たるのか

自己破産 2020年03月10日

夫が自己破産手続き中です。 返済の催促等は手続きで止まっている状態です。 3つ質問があります 1.妻の口座に妻の母親から援助がありましたが 使わなかったので引き出して 妻が手渡しで返金しました。 偏頗弁済に当たりますか? 2.その口座...

自営の親が入院中で痴呆も出てきたが自己破産の申請ができるか確認したい。

自己破産 2020年01月12日

親(73歳)が個人事業主として自営業を実施しておりましたが病気で倒れ、入院中です。退院後もそのまま介護施設ヘ移り、仕事は辞める予定です。 銀行やカードローンの借金が約250万、取引先の買掛金が請求書を見る限り200万程度(実際の所はわ...

賃金仮払いで作った借金、自己破産できますか?

自己破産 2020年01月07日

不当解雇訴訟で賃金仮払いをしていましたが、驚くことに敗訴になりました。 例えば税金の借金や、刑事罰で作った借金は自己破産できないと聞きます。 もはや自己破産するしかないのですが、この様な債権で自己破産できますか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する