破産手続をすると管財人は勝手に郵便物を見られる?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 現在破産手続を進めています。突然郵便物が、自宅に届かなくなってしまい、おかしいなと思っていたら、破産管財人の弁護士から連絡があり、荷物を預かっていると聞き、びっくりしました。
 本人の許可なく勝手に、郵便物を弁護士の所に勝手に届くようにできるものなのですか? それって、プライバシーの侵害ではないのですか?



(30代後半:男性)

関連Q&A

借金により親の扶養が満足に出来ない義弟を何とかしたい。

自己破産 2017年01月19日

現在、妻の弟が義母と一緒に暮らして面倒を見ていますが、住宅ローンに加えて商工ローンや他金融機関に借金があり、その返済で生活費も捻出できない状況です。 電気・水道・電話・ガスが止められるのは頻繁で食費も足りていません。義母が病気になって...

宗教法人の破産

自己破産 2016年12月28日

友人が職員をやっている宗教法人の経営(?)がままならなくなり、 破産手続きを取ろうと彼の友人の弁護士さんに相談したところ、 その弁護士さんからの回答は「宗教法人は破産させられない」というような 内容の回答だったそうです。 弁護士さんに...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     破産宣告がなされると、株式会社の取締役や弁護士・公認会計士等になれない、転居や長期の旅行には裁判所の許可が必要(破産法37条)といった不利益が生じますが、破産管財人による郵便物の開封もそういった不利益のひとつです。



     破産法81条は、裁判所は郵便事業者に郵便物等を破産管財人に配達するように嘱託することができ(同条1項)、破産管財人は受け取った郵便物等を開いて見ることができるとしています(82条)。破産管財人は、破産者が有していた財産を管理・換価し、また、破産者の免責についての調査を行いますから(同法83条)、こういった職務の執行に必要な限度で破産者の郵便物を見ることができるのです。これは、信書の秘密憲法21条2項)に対する例外といえます。



     もっとも、破産者は破産管財人に対して、届いた郵便物の閲覧を求め、また、破産手続に関係のない郵便物については交付を求めることができます(破産法82条2項)。あなたの場合も破産管財人にどのような郵便物が届いているか確認し、内容に応じて閲覧・交付を受けるとよいでしょう。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ