破産手続をすると管財人は勝手に郵便物を見られる?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 現在破産手続を進めています。突然郵便物が、自宅に届かなくなってしまい、おかしいなと思っていたら、破産管財人の弁護士から連絡があり、荷物を預かっていると聞き、びっくりしました。
 本人の許可なく勝手に、郵便物を弁護士の所に勝手に届くようにできるものなのですか? それって、プライバシーの侵害ではないのですか?



(30代後半:男性)

関連Q&A

自己破産になりますか?債務整理になりますか?

自己破産 2016年08月02日

主人が病気で働けないため生活保護受給中です。私はパートで働いています。クレジットカードの借金が約160万ほどあり、支払いが月8万ぐらいになっています。最初は金額も少なく払えていましたが、主人が働けなくなり保護費も2万円ぐらい少なくなり...

任意整理を選択することはできるでしょうか?

自己破産 2016年06月02日

今現在、消費者金融のレイクから144万、アコムから104万を借りています。今の給料では返済厳しく、任意整理したいのですがどうしたらいいですか? (20代:男性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     破産宣告がなされると、株式会社の取締役や弁護士・公認会計士等になれない、転居や長期の旅行には裁判所の許可が必要(破産法37条)といった不利益が生じますが、破産管財人による郵便物の開封もそういった不利益のひとつです。



     破産法81条は、裁判所は郵便事業者に郵便物等を破産管財人に配達するように嘱託することができ(同条1項)、破産管財人は受け取った郵便物等を開いて見ることができるとしています(82条)。破産管財人は、破産者が有していた財産を管理・換価し、また、破産者の免責についての調査を行いますから(同法83条)、こういった職務の執行に必要な限度で破産者の郵便物を見ることができるのです。これは、信書の秘密(憲法21条2項)に対する例外といえます。



     もっとも、破産者は破産管財人に対して、届いた郵便物の閲覧を求め、また、破産手続に関係のない郵便物については交付を求めることができます(破産法82条2項)。あなたの場合も破産管財人にどのような郵便物が届いているか確認し、内容に応じて閲覧・交付を受けるとよいでしょう。

2015年07月16日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ