破産手続をすると管財人は勝手に郵便物を見られる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時43分

 現在破産手続を進めています。突然郵便物が、自宅に届かなくなってしまい、おかしいなと思っていたら、破産管財人の弁護士から連絡があり、荷物を預かっていると聞き、びっくりしました。
 本人の許可なく勝手に、郵便物を弁護士の所に勝手に届くようにできるものなのですか? それって、プライバシーの侵害ではないのですか?



(30代後半:男性)

匿名弁護士

     破産宣告がなされると、株式会社の取締役や弁護士・公認会計士等になれない、転居や長期の旅行には裁判所の許可が必要(破産法37条)といった不利益が生じますが、破産管財人による郵便物の開封もそういった不利益のひとつです。



     破産法81条は、裁判所は郵便事業者に郵便物等を破産管財人に配達するように嘱託することができ(同条1項)、破産管財人は受け取った郵便物等を開いて見ることができるとしています(82条)。破産管財人は、破産者が有していた財産を管理・換価し、また、破産者の免責についての調査を行いますから(同法83条)、こういった職務の執行に必要な限度で破産者の郵便物を見ることができるのです。これは、信書の秘密憲法21条2項)に対する例外といえます。



     もっとも、破産者は破産管財人に対して、届いた郵便物の閲覧を求め、また、破産手続に関係のない郵便物については交付を求めることができます(破産法82条2項)。あなたの場合も破産管財人にどのような郵便物が届いているか確認し、内容に応じて閲覧・交付を受けるとよいでしょう。

2015年07月16日 01時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

車の連帯保証人。車の所有者が自己破産したら?

自己破産 2017年07月11日

友人の車の連帯保証人になっています。 しかし、その友人が事業に失敗して 自己破産も時間の問題という状況です。 友人が自己破産してしまった場合、 車の連帯保証人になっている私には、 残りのローンの請求が来るのでしょうか? 教えて頂きたく...

お金をだまし取ったら、自己破産の免責不許可事由のあたるのではないかと思うのですが。

自己破産 2017年07月06日

サラ金への返済に困っている会社の部下に同情して、その全額を肩代わりしてあげ、それを無利子で長期間にわたり小額ずつ返済してもらうことで同意しました。 借用書は作成してもらい、また、サラ金には全額返済したとのお礼の連絡がありました。 (な...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

自己破産に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回法律相談無料】 お気軽にお問い合わせください。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

ページ
トップへ