破産手続をすると管財人は勝手に郵便物を見られる?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月16日

 現在破産手続を進めています。突然郵便物が、自宅に届かなくなってしまい、おかしいなと思っていたら、破産管財人の弁護士から連絡があり、荷物を預かっていると聞き、びっくりしました。
 本人の許可なく勝手に、郵便物を弁護士の所に勝手に届くようにできるものなのですか? それって、プライバシーの侵害ではないのですか?



(30代後半:男性)

関連Q&A

生活保護でギャンブルして借金しています

自己破産 2017年04月27日

生活保護受給者ですカードでギャンブルと浪費で借金してケースワーカーに自己破産手続きするように言われましたこの場合すぐ手続きしないと駄目ですかそれから自己破産したら生活保護は止められるのでしょうか?

自己破産後の債権請求

自己破産 2017年04月25日

2011年に自己破産したのですが、その当時債権者リストを申し立てするときに1人忘れてしまいました。 最近その忘れていた債権者から債権請求がありました。 質問ですが、箇条書きさせて頂きます。 1:現在、失業中で生活保護受給者ですが保護費...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     破産宣告がなされると、株式会社の取締役や弁護士・公認会計士等になれない、転居や長期の旅行には裁判所の許可が必要(破産法37条)といった不利益が生じますが、破産管財人による郵便物の開封もそういった不利益のひとつです。



     破産法81条は、裁判所は郵便事業者に郵便物等を破産管財人に配達するように嘱託することができ(同条1項)、破産管財人は受け取った郵便物等を開いて見ることができるとしています(82条)。破産管財人は、破産者が有していた財産を管理・換価し、また、破産者の免責についての調査を行いますから(同法83条)、こういった職務の執行に必要な限度で破産者の郵便物を見ることができるのです。これは、信書の秘密憲法21条2項)に対する例外といえます。



     もっとも、破産者は破産管財人に対して、届いた郵便物の閲覧を求め、また、破産手続に関係のない郵便物については交付を求めることができます(破産法82条2項)。あなたの場合も破産管財人にどのような郵便物が届いているか確認し、内容に応じて閲覧・交付を受けるとよいでしょう。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ