自己破産したいけど弁護士費用も払えない!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時47分

 サラ金、クレジットカードで約700万円の借金があります。
 もう完済できないことは分かっているので、いっそ自己破産してしまいたいとも思います。しかし、今の状況では、弁護士費用も払えません。
 一方、自分の財産は中古パソコンくらいなので、差押えされても実際のところあまり困りません。自宅は家内の名義なので、追い出される心配もありません。
 自己破産をせずにこのまま年金で質素に生活をした場合、何か問題はあるでしょうか?

(50代:男性)

匿名弁護士

 返済するでもなく、自己破産をするでもなく、債務をこのままにしておいた場合、どうなるでしょうか。
 元金に利息が加わって、あなたの借金はどんどん増えていきます。債権者からの取立ても厳しくなってきます。現在のところ、債権者は無理な取立行為をしていないようです。しかし、将来悪質な業者や暴力団関係者にあなたに対する債権が債権譲渡された場合には、今のような取立てで済むとは限りません。



 また、借金まみれの状態であなたが亡くなった場合は、相続人が相続放棄等しない限り、妻や子などの相続人があなたの債務を引き継ぐことになります。当然、債権者は、あなたの相続人の財産を押さえにかかるでしょう。夫が無責任であったばっかりに、家族の生活まで破壊してしまうことになるのです。
 自宅は奥様の名義ということですが、奥様が先に亡くなった場合、あなたがその自宅を相続します。債権者にとっては押さえるべき財産ができたことになります。競売が実行されると、あなたは住居を失ってしまいます。



 年金の受給権に対する差押えは法律上禁止されていますが、国税などを滞納した場合には、滞納処分によって年金も差押えの対象になります。
 年金生活者の最低限の生活を保護する趣旨から、差押えについては制限が設けられています。しかし、一旦預金口座に振り込まれた後は、その法的性質が年金受給者の銀行に対する預金債権となることから、全額を差押えられてしまう可能性があります。



 家族に対する関係でも、債権者に対する関係でも、借金をそのままにしておいてはいけません。
 生活保護を受けるなどして生活に余裕がなく、弁護士費用を支払うことができない場合は、法律扶助という制度を利用する方法があります。各弁護士会内の(財)法律扶助協会に問い合わせ、是非その制度を利用してみてください。

2015年07月16日 01時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

自己破産について。脅されてても浪費になるのか…

自己破産 2018年01月15日

人生やり直ししたいです。 自己破産について 年収330万程度でしたが 昨年9月頃から仕事を休むようになってしまい 11月末で以前の会社を退職になりました。 12月頭からまた別のところで 働き出したんですが、休みがちになり 退職になって...

債権者名簿の中に私の名前は入っていないのですが、やはりお金の返金を請求することはできないのでしょうか?

自己破産 2018年01月09日

助けて頂きたくて相談致します。 友達に泣きつかれて“絶対に返す”という約束で100万円ものお金を貸してしまったのですが、その友達が自己破産をしてしまいました。 申し立てをする前に正確な住所を教えてくれと言われたのですが旦那に内緒で貸し...

母が自己破産手続中、免責決定の判決を目前にして亡くなりました。

自己破産 2017年12月21日

母が自己破産手続中、免責決定の判決を目前にして亡くなりました。 弁護士費用は法テラスにより、月々5000円の分割になっていたのですが、残りの弁護士費用は誰が負担する事になるのでしょうか? 父はおらず、子供は一人で、遺産放棄の手続きはす...

自己破産者は海外旅行に行けるのですか?

自己破産 2017年12月20日

自己破産手続きも完了し、今後の支払方も決定し支払始めて、3か月になります。 3年間払い続けるように決定しています。 このような状況で、海外に旅行・仕事で行けるのでしょうか。 来月海外に行く予定になっています。 出国出来るのでしょうか ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

自己破産に強い弁護士

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

<川崎駅徒歩3分><初回相談無料><当日・休日・夜間相談可能> 経験豊富な弁護士が依頼者の方のご要望を丁寧にお...

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回30分まで相談無料】お話しいただきやすい雰囲気と対応を大切にしています。

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

ページ
トップへ