自己破産後の復権について

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時59分

 平成14年5月に自己破産が認められ、5年が経ちました


私は事業主もしくは役員になれますか。

また、私は父母(今年3月に両方とも死去)の財産を相続出来ますか。


(40代:男性)

匿名弁護士

 破産により、各種の資格制限を受けることがあります。


 例えば、弁護士などの一定の職業に就けなくなりますし(弁護士法第7条第5号)、原則として持分会社(合名会社や合資会社)の社員になることができません(会社法第607条1項5号)。

 株式会社の取締役や監査役には、平成16年の商法改正により、詐欺破産罪破産法第265条)など破産関係の罪を犯していない場合にはなることができる様になりました(会社法第331条第1項同法第335条第1項参照)



 相続については、破産者であっても、何ら制限を受けず、問題なく相続することができます。



 ご相談の「事業主」については、あなたが「何の事業主」になりたいのかにより、破産者であってもなれるのかどうかが決まります。ですから、ここでお答えすることはできません。


 

 もっとも、これら破産による資格制限が永久に続くとすると、破産者の更正を妨げることとなります。そこで、破産による資格制限を消滅させる「復権」という制度が設けられています。

 この「復権」には、(1)一定の要件が定められれば、当然に復権の効果が生じる当然復権(破産法第255条)と、(2)破産者の申立に基づく裁判による復権(同法第256条)、の2種類があります。

 あなたは、平成14年5月に自己破産をした際、借金を払わなくて良い状態にする免責決定まで得ましたか。免責決定が確定すれば、その時点であなたは特別に何ら手続きをすること無く、自動的に当然復権します。

 もし、免責決定を得ていなかったとしても復権のチャンスはあります。破産宣告後10年の経過か、あるいは債権者に借金全てを返済すれば申立により復権することができます。

2015年07月16日 01時59分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

自己破産について。脅されてても浪費になるのか…

自己破産 2018年01月15日

人生やり直ししたいです。 自己破産について 年収330万程度でしたが 昨年9月頃から仕事を休むようになってしまい 11月末で以前の会社を退職になりました。 12月頭からまた別のところで 働き出したんですが、休みがちになり 退職になって...

債権者名簿の中に私の名前は入っていないのですが、やはりお金の返金を請求することはできないのでしょうか?

自己破産 2018年01月09日

助けて頂きたくて相談致します。 友達に泣きつかれて“絶対に返す”という約束で100万円ものお金を貸してしまったのですが、その友達が自己破産をしてしまいました。 申し立てをする前に正確な住所を教えてくれと言われたのですが旦那に内緒で貸し...

母が自己破産手続中、免責決定の判決を目前にして亡くなりました。

自己破産 2017年12月21日

母が自己破産手続中、免責決定の判決を目前にして亡くなりました。 弁護士費用は法テラスにより、月々5000円の分割になっていたのですが、残りの弁護士費用は誰が負担する事になるのでしょうか? 父はおらず、子供は一人で、遺産放棄の手続きはす...

自己破産者は海外旅行に行けるのですか?

自己破産 2017年12月20日

自己破産手続きも完了し、今後の支払方も決定し支払始めて、3か月になります。 3年間払い続けるように決定しています。 このような状況で、海外に旅行・仕事で行けるのでしょうか。 来月海外に行く予定になっています。 出国出来るのでしょうか ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

自己破産に強い弁護士

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

綿密な打ち合わせと情報交換によって,現状を正確に把握・分析し,目指すべき成果の達成に向けて依頼者と協同して解決...

ページ
トップへ