自己破産後の復権について

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時59分

 平成14年5月に自己破産が認められ、5年が経ちました


私は事業主もしくは役員になれますか。

また、私は父母(今年3月に両方とも死去)の財産を相続出来ますか。


(40代:男性)

匿名弁護士

 破産により、各種の資格制限を受けることがあります。


 例えば、弁護士などの一定の職業に就けなくなりますし(弁護士法第7条第5号)、原則として持分会社(合名会社や合資会社)の社員になることができません(会社法第607条1項5号)。

 株式会社の取締役や監査役には、平成16年の商法改正により、詐欺破産罪破産法第265条)など破産関係の罪を犯していない場合にはなることができる様になりました(会社法第331条第1項同法第335条第1項参照)



 相続については、破産者であっても、何ら制限を受けず、問題なく相続することができます。



 ご相談の「事業主」については、あなたが「何の事業主」になりたいのかにより、破産者であってもなれるのかどうかが決まります。ですから、ここでお答えすることはできません。


 

 もっとも、これら破産による資格制限が永久に続くとすると、破産者の更正を妨げることとなります。そこで、破産による資格制限を消滅させる「復権」という制度が設けられています。

 この「復権」には、(1)一定の要件が定められれば、当然に復権の効果が生じる当然復権(破産法第255条)と、(2)破産者の申立に基づく裁判による復権(同法第256条)、の2種類があります。

 あなたは、平成14年5月に自己破産をした際、借金を払わなくて良い状態にする免責決定まで得ましたか。免責決定が確定すれば、その時点であなたは特別に何ら手続きをすること無く、自動的に当然復権します。

 もし、免責決定を得ていなかったとしても復権のチャンスはあります。破産宣告後10年の経過か、あるいは債権者に借金全てを返済すれば申立により復権することができます。

2015年07月16日 01時59分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

自己破産手続きの債権者の意見申述で結果が変わることはほとんどないというのは本当ですか?

自己破産 2021年07月17日

債務者より自己破産をする旨の通知を受けました。 これに対して、債権者である私は意見陳述をする予定です。 意見陳述の内容は下記のように免責許可事由がたくさんあることです。 ①債務者は2014年7月に自己破産をして免責決定を受けている。こ...

自己破産

自己破産 2021年06月29日

知人が自己破産の申立申請中に、債権者一覧に書いてない所があるみたいなのですが、支払いを続けてたら免責不許可事由になり事がありますか?

夫自己破産中。妻名義のクレジットカードは偏波弁済?

自己破産 2021年03月02日

現在、夫が自己破産を弁護士に依頼し、各債権者には通知済みで返済は止まっている状態です。 近く弁護士が申し立て予定との連絡がありました。 しかし、1月、2月に入り家計が厳しく妻名義のクレジットかでリボ払いの債務ができてしまいました。 全...

第三者(妻)が支払うことは偏頗弁済に該当するのでしょうか

自己破産 2020年12月23日

消費者金融やよろうきん、闇金から総額900万程度の借金があります。今後自己破産を考えています。弁護士への依頼はまだしていません。現在、闇金への支払い期限が迫っています。妻に相談したところ払える金額であること、闇金からの嫌がらせを気にし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する