自己破産後の復権について

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 平成14年5月に自己破産が認められ、5年が経ちました


私は事業主もしくは役員になれますか。

また、私は父母(今年3月に両方とも死去)の財産を相続出来ますか。


(40代:男性)

関連Q&A

借金により親の扶養が満足に出来ない義弟を何とかしたい。

自己破産 2017年01月19日

現在、妻の弟が義母と一緒に暮らして面倒を見ていますが、住宅ローンに加えて商工ローンや他金融機関に借金があり、その返済で生活費も捻出できない状況です。 電気・水道・電話・ガスが止められるのは頻繁で食費も足りていません。義母が病気になって...

宗教法人の破産

自己破産 2016年12月28日

友人が職員をやっている宗教法人の経営(?)がままならなくなり、 破産手続きを取ろうと彼の友人の弁護士さんに相談したところ、 その弁護士さんからの回答は「宗教法人は破産させられない」というような 内容の回答だったそうです。 弁護士さんに...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     破産により、各種の資格制限を受けることがあります。


     例えば、弁護士などの一定の職業に就けなくなりますし(弁護士法第7条第5号)、原則として持分会社(合名会社や合資会社)の社員になることができません(会社法第607条1項5号)。

     株式会社の取締役や監査役には、平成16年の商法改正により、詐欺破産罪破産法第265条)など破産関係の罪を犯していない場合にはなることができる様になりました(会社法第331条第1項同法第335条第1項参照)



     相続については、破産者であっても、何ら制限を受けず、問題なく相続することができます。



     ご相談の「事業主」については、あなたが「何の事業主」になりたいのかにより、破産者であってもなれるのかどうかが決まります。ですから、ここでお答えすることはできません。


     

     もっとも、これら破産による資格制限が永久に続くとすると、破産者の更正を妨げることとなります。そこで、破産による資格制限を消滅させる「復権」という制度が設けられています。

     この「復権」には、(1)一定の要件が定められれば、当然に復権の効果が生じる当然復権(破産法第255条)と、(2)破産者の申立に基づく裁判による復権(同法第256条)、の2種類があります。

     あなたは、平成14年5月に自己破産をした際、借金を払わなくて良い状態にする免責決定まで得ましたか。免責決定が確定すれば、その時点であなたは特別に何ら手続きをすること無く、自動的に当然復権します。

     もし、免責決定を得ていなかったとしても復権のチャンスはあります。破産宣告後10年の経過か、あるいは債権者に借金全てを返済すれば申立により復権することができます。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ