自己破産後の復権について

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時59分

 平成14年5月に自己破産が認められ、5年が経ちました


私は事業主もしくは役員になれますか。

また、私は父母(今年3月に両方とも死去)の財産を相続出来ますか。


(40代:男性)

匿名弁護士

 破産により、各種の資格制限を受けることがあります。


 例えば、弁護士などの一定の職業に就けなくなりますし(弁護士法第7条第5号)、原則として持分会社(合名会社や合資会社)の社員になることができません(会社法第607条1項5号)。

 株式会社の取締役や監査役には、平成16年の商法改正により、詐欺破産罪破産法第265条)など破産関係の罪を犯していない場合にはなることができる様になりました(会社法第331条第1項同法第335条第1項参照)



 相続については、破産者であっても、何ら制限を受けず、問題なく相続することができます。



 ご相談の「事業主」については、あなたが「何の事業主」になりたいのかにより、破産者であってもなれるのかどうかが決まります。ですから、ここでお答えすることはできません。


 

 もっとも、これら破産による資格制限が永久に続くとすると、破産者の更正を妨げることとなります。そこで、破産による資格制限を消滅させる「復権」という制度が設けられています。

 この「復権」には、(1)一定の要件が定められれば、当然に復権の効果が生じる当然復権(破産法第255条)と、(2)破産者の申立に基づく裁判による復権(同法第256条)、の2種類があります。

 あなたは、平成14年5月に自己破産をした際、借金を払わなくて良い状態にする免責決定まで得ましたか。免責決定が確定すれば、その時点であなたは特別に何ら手続きをすること無く、自動的に当然復権します。

 もし、免責決定を得ていなかったとしても復権のチャンスはあります。破産宣告後10年の経過か、あるいは債権者に借金全てを返済すれば申立により復権することができます。

2015年07月16日 01時59分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

配偶者による返金は偏頗弁済に当たるのか。

自己破産 2020年03月10日

只今破産手続き準備中です。 弁護士さんにお願いして2年分の通帳コピー 源泉徴収等、家計収支表1ヶ月分を提出した所です 毎月一定額を振り込み貯まったら破産申し立てをする計画ですが この場合破産申し立てをする直前2〜3ヶ月分の家計収支表を...

配偶者が返金したら偏頗弁済に当たるのか

自己破産 2020年03月10日

夫が自己破産手続き中です。 返済の催促等は手続きで止まっている状態です。 3つ質問があります 1.妻の口座に妻の母親から援助がありましたが 使わなかったので引き出して 妻が手渡しで返金しました。 偏頗弁済に当たりますか? 2.その口座...

自営の親が入院中で痴呆も出てきたが自己破産の申請ができるか確認したい。

自己破産 2020年01月12日

親(73歳)が個人事業主として自営業を実施しておりましたが病気で倒れ、入院中です。退院後もそのまま介護施設ヘ移り、仕事は辞める予定です。 銀行やカードローンの借金が約250万、取引先の買掛金が請求書を見る限り200万程度(実際の所はわ...

賃金仮払いで作った借金、自己破産できますか?

自己破産 2020年01月07日

不当解雇訴訟で賃金仮払いをしていましたが、驚くことに敗訴になりました。 例えば税金の借金や、刑事罰で作った借金は自己破産できないと聞きます。 もはや自己破産するしかないのですが、この様な債権で自己破産できますか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する