財産を譲渡してから2年半たてば、破産できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 01時47分

 3年前に長男の借金の連帯保証人になりましたが、長男の生活ぶりを見て先が怖くなり、自分の名義の土地、建物や、車の名義などを次男に贈与した形をとりました。(連帯保証の際、土地、建物は担保には入れていません)。この度、長男が破産することになりました。名義を変えて、2年半くらいですが、私も破産できるでしょうか?


(50代以上:不明)

匿名弁護士

     贈与行為が、債権者を害することを知った上でなされていた場合、民事上・刑事上の責任を追及されるおそれがあります。


     ご長男が破産しても、連帯保証人であるあなたは、長男の借金を返済しなければなりません。あなたに財産がなく、現状のままでは返済できないのであれば、借金を整理する必要があるでしょう。

     
    個人の債務整理手続には、大きく分けて、任意整理特定調停個人民事再生自己破産の4つがあり、どの手続を選択するのがよいかは、所有する財産の状況や債務の額、家計の状況によって異なります。

     
    自己破産をする必要がないケースもありますので、一度弁護士にご相談されることをお勧めします。資金にお困りの場合は、民事法律扶助の制度もあります(日本司法支援センター)。


     さて、ご相談の場合、自己破産をしないとしても、借金の相手方から、贈与行為が「詐害行為」であるとして取消を求める裁判が起こされる可能性があります(民法424条1項)。

     
    あなたと次男の側が、債権者を害することにつき悪意ではなかった(知らなかった)ことを証明しない限り、取消が認められてしまいます。

     
    いざというときのために、贈与時には長男が借金を支払えると考えていたことを裏付ける客観的な事実や、贈与税を支払った事実などから、債権者を害することにつき悪意ではなかったことを証明できるよう準備しておく必要があるかもしれません。


     また、あなたが自己破産せざるを得ない場合も、破産手続きの中で、贈与行為が「否認」されて(160161条)、その財産が借金の返済に充てられることがあります。


     具体的には、あなたが支払い停止に陥った後又はその前6か月以内に、贈与行為がなされたのであれば、否認されてしまいます(破産法160条3項)。

     
    また、贈与行為が、あなたの自己破産が避けられない状況になった後に、破産債権者を害することを知ってなされた場合には、贈与される者(本件では次男)が、売買当時、破産債権者を害する事実を知らなかったことを証明できない限り、否認されます(法160条1項1号)。


     なお、このような民事上の責任とは別に、刑事上の責任として、債権者を害する目的で、破産宣告の前後に財産を隠匿したり、譲渡を仮装したりする行為等に対しては、詐欺破産罪として、罰則規定があるので注意が必要です(破産法265条)。

2015年07月16日 01時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

車の連帯保証人。車の所有者が自己破産したら?

自己破産 2017年07月11日

友人の車の連帯保証人になっています。 しかし、その友人が事業に失敗して 自己破産も時間の問題という状況です。 友人が自己破産してしまった場合、 車の連帯保証人になっている私には、 残りのローンの請求が来るのでしょうか? 教えて頂きたく...

お金をだまし取ったら、自己破産の免責不許可事由のあたるのではないかと思うのですが。

自己破産 2017年07月06日

サラ金への返済に困っている会社の部下に同情して、その全額を肩代わりしてあげ、それを無利子で長期間にわたり小額ずつ返済してもらうことで同意しました。 借用書は作成してもらい、また、サラ金には全額返済したとのお礼の連絡がありました。 (な...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

自己破産に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

ページ
トップへ