破産者はローンを組めない?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 主人と共に破産宣告をし、免責決定を受け10年になります。破産をしたら、もう二度とローンは組めないと聞きましたが、本当なのでしょうか?


(30代:女性)

関連Q&A

借金により親の扶養が満足に出来ない義弟を何とかしたい。

自己破産 2017年01月19日

現在、妻の弟が義母と一緒に暮らして面倒を見ていますが、住宅ローンに加えて商工ローンや他金融機関に借金があり、その返済で生活費も捻出できない状況です。 電気・水道・電話・ガスが止められるのは頻繁で食費も足りていません。義母が病気になって...

宗教法人の破産

自己破産 2016年12月28日

友人が職員をやっている宗教法人の経営(?)がままならなくなり、 破産手続きを取ろうと彼の友人の弁護士さんに相談したところ、 その弁護士さんからの回答は「宗教法人は破産させられない」というような 内容の回答だったそうです。 弁護士さんに...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     破産者がローンを組むことに、法律上の制限は一切ありません。しかし、一定期間ブラックリストに登録されるので、ローンの審査が通らないことがあります。


     自己破産をすると、官報に掲載されることに加え、債権者である銀行、信販、クレジット会社や消費者金融などの個人信用情報機関にも、自己破産した情報(いわゆるブラックリスト)が、大体7~10年間登録されます。

     
    この情報が登録されている間は、銀行や消費者金融から融資を受けたり、クレジット会社からクレジットカードの発行を受けることが困難であるといわれています。


     ご相談の場合、免責許可の決定を受けてからすでに10年が経過しているとのことですので、ほとんどの個人信用情報機関では、もはやブラックリストとして登録されていないと考えられます。

     
    不安であれば、信用情報機関の登録内容を確認できる「本人開示制度」もあるので、以下のそれぞれの個人信用情報機関のサイトで確認してみても良いかもしれません。





     とはいえ、実際にローンが組めるか否かは、最終的には金融機関の判断になります。

     
    ローンの審査基準については、金融機関や信用保証会社が独自で決めるものであり、その基準は公開されていません。そのため、申込みをする前に、金融機関に事前相談をしながら、ローンの借入を検討してみてはいかがでしょうか。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ