自己破産する夫と離婚したほうが良い?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 夫とは、離婚を前提に3年ほど別居しています。今年に入って夫から、自己破産することになり迷惑がかかるから離婚してほしいといわれました。

 
そこで、(1)保証人になっていない夫個人の借金がこちらに請求されることはあるのでしょうか。また、(2)離婚した場合に今後の養育費の請求はできるのか。以上2点相談させて下さい。


(40代:女性)

匿名弁護士

 (1)夫がした借金の保証人や連帯保証人になっていない限り、妻であるあなたが夫の借金を返済する義務はありません。(2)自己破産した夫からも、もちろん養育費を請求することができます。


 まず、(1)保証人になっていない夫個人の借金が妻であるあなたに請求されることはあるのかについて、お答えします。

 
夫婦といえども、夫が個人でした借金の保証人になっていない限り、妻であるあなたが代わりに支払うべき法律上の義務はありません。

 
夫にお金を貸した人(債権者)から、代わりに借金を返すように要求されたとしても、何ら法律上の強制力はありません。それどころか、貸金業を営む者が債務者以外の者に返済を要求することは法律上禁止されています。罰則として、2年以下の懲役、300万円以下の罰金が科されます(貸金業法21条1項7号・47条の3第3号)。

 


 
このように、あなたが保証人になっていない限り、夫個人の借金が妻であるあなたに請求されることはありません。これは、夫が自己破産をした場合でも同様です。夫が自己破産をしたとしても、妻であるあなたが法律上不利益となるようなことは特にありません。


 次に、(2)夫と離婚した場合に今後の養育費の請求はできるのかについて、お答えします。

 
養育費は、これから大きくなる子どもの生活費や教育費に充てるためのものです。離婚の原因がどちらにあるかにかかわらず、負担するに相当と考えられる側が、その一部または全部を負担することになります。

 
あなたに充分な生活力がなく、子どもも小さくて働けないという状況であれば、もちろん夫に対して養育費の支払いを請求することができます。離婚をするのであれば、養育費について話し合いにより決めておくべきでしょう。

 
金額は、当事者の収入、家庭の状況などの事情を総合的に判断して、当事者の話し合いや調停などで決められます。金額を判断する際の事情の一つとして、夫が自己破産をしたことが考慮されることはあります。しかし、夫が自己破産をするからといって、それだけで直ちに養育費を支払う義務がないということにはなりません。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

免責後の債権者から差押え通知書が来ました

自己破産 2018年10月12日

地元の市役所から娘の大学入学準備金を借り入れしました。保証人は実の弟です。 その後、生活が困窮したために私自信が自己破産の申請をして免責がおりました。 免責の債権者に市役所と弟がはいっております。 免責がおりたあとも弟に迷惑をかけない...

管財人のところへ郵便物回送嘱託

自己破産 2018年08月22日

管財人事件になっている案件で郵便物は管財人に転送されるのが普通ですが、銀行からの郵送物が一部普通に届いています。 管財人がその事に関して、『なぜ郵便物が届いたの説明してください。』と言われるのですが、間違えて届けた以外に理由は有ります...

免責許可下りたあと取り立てがきた場合の対処方法

自己破産 2018年08月19日

生活保護ギャンブル自己破産です。もし免責許可が下りて決まったあとに取り立てが来ることがありますか?きた場合どうすればいいのでしょうか不安なので回答宜しくお願いします。

貸金返済額の交渉中に、借主が自己破産をしたいと言い出した。当初の借主側からの提案返済額まで減額を了承しても、もう貸金は返してもらえないの?

自己破産 2018年08月15日

H23年に、貸家退去とともに、家賃未納金300万円を月4万円ずつ振込む、遅延時は残額と遅延損害金の合計額を直ちに支払うという合意書を借主ととりかわしました。その後、250万円が未払いのままで、H24年から遅延損害金が発生しています。 ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html