自己破産すると、あらゆる借金を払わなくて良い?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月16日

 知人が、マルチ商法にはまった上、家庭の諸事情などから、4年程前に友人から300万円程の借金をしたそうです。その他、銀行からの借り入れが200万円近いそうです。もし自己破産をした場合、個人からの借り入れ分など、あらゆる借金の支払い義務がなくなるのでしょうか?


(40代:女性)

関連Q&A

親の借金の返済について

自己破産 2017年04月21日

母親が以前自己破産したのですが、友達や親戚に内緒で少しずつ返済していました。急病で長期間入院していて、娘の私はそれが分かり、驚いている状態です。 借金の残額も不明なので、まずは何をしたら良いのか教えて下さい。

自己破産できますか

自己破産 2017年04月14日

主人が病気で働けないため生活保護受給中です。私はパートで働いています。クレジットカードの借金が約160万ほどあり支払いが月8万ぐらいになっています。最初は金額も少なく払えていましたが主人が働け無くなり保護費も2万ぐらい少なくなりました...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

    個人から借り入れた借金も、免責の確定によって支払い義務がなくなります。ただ、滞納している税金など、借金の種類によっては支払い義務のなくならないものもあります。


     「破産」とは、破産者が借金を返済できない状態にある場合に、債権者に対して財産を公平に配分することを目的として行われる手続です。この破産手続を自ら申し立てる場合が、「自己破産」です。


     自己破産を申し立て、裁判所から免責許可の決定がされて確定すると、破産者の借金は、原則として全て法的になくなります。銀行からの借り入れであると、個人からの借り入れであるとを問いません。

    ただし、例外として、以下の借金の支払い義務はなくなりません(破産法253条1項)。




    1. 租税などの請求権

    2. 破産者が悪意で加えた不法行為 (たとえば、詐欺行為により他人に財産的損害を与えた場合)に基づく損害賠償請求権

    3. 破産者が故意または重大な過失により加えた、人の生命または身体を害する不法行為(たとえば、交通事故により人を死傷させた場合)に基づく損害賠償請求権

    4. 破産者が養育者または扶養義務者として負担すべき費用についての請求権

    5. 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権

    6. 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)

    7. 罰金等の請求権


     よって、ご相談の場合も、裁判所から免責許可の決定がされて確定すれば、銀行から借り入れた200万円と、個人から借り入れた300万円の借金の支払い義務はなくなります。ただし、支払っていない金銭が上記1~7に該当する場合には、支払い義務を免れることはできません。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ