連帯保証人も、過払金の返還を請求できる?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 友人の連帯保証人になり、友人が自己破産しました。その借金を返していますが、こちらが、利息制限法に基づいて払い過ぎた金額は戻すことは可能ですか。



(40代:男性)

関連Q&A

借金により親の扶養が満足に出来ない義弟を何とかしたい。

自己破産 2017年01月19日

現在、妻の弟が義母と一緒に暮らして面倒を見ていますが、住宅ローンに加えて商工ローンや他金融機関に借金があり、その返済で生活費も捻出できない状況です。 電気・水道・電話・ガスが止められるのは頻繁で食費も足りていません。義母が病気になって...

宗教法人の破産

自己破産 2016年12月28日

友人が職員をやっている宗教法人の経営(?)がままならなくなり、 破産手続きを取ろうと彼の友人の弁護士さんに相談したところ、 その弁護士さんからの回答は「宗教法人は破産させられない」というような 内容の回答だったそうです。 弁護士さんに...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     可能です。



     債権者債務者にお金を貸す場合に、連帯保証人をつけていたときは、債務者に破産手続き開始決定が下り、免責許可の決定を受けて借金が免除されたとしても、連帯保証人は残りの借金を返済しなければなりません。

     ただ、連帯保証人の債務は、債務者の債務(「主たる債務」)を前提としたものなので、主たる債務が利息制限法に違反しており、過払い金が発生している場合は、連帯保証人であるあなたも、過払い金の返還を請求することができます。

     (1)債務者が自己破産をして借金を返せなくなった時点で、すでに過払い金が生じている場合と、(2)連帯保証人が債権者に借金を返したことで過払い金が生じた場合とが考えられますが、いずれの場合も、連帯保証人が債権者にお金を支払ったのであれば、過払い金の返還を請求することが可能です。



     ただ、過払い金の返還請求権は、借入や返済などの取引終了時から10年を経過すると、時効により消滅してしまうので(取引終了時説、最高裁平成21年1月22日判決など)、注意してください。

2015年07月16日

自己破産に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ