お金をだまし取ったら、自己破産の免責不許可事由のあたるのではないかと思うのですが。

User image 1 羽根さん 2017年07月06日 23時52分

サラ金への返済に困っている会社の部下に同情して、その全額を肩代わりしてあげ、それを無利子で長期間にわたり小額ずつ返済してもらうことで同意しました。
借用書は作成してもらい、また、サラ金には全額返済したとのお礼の連絡がありました。
(なお、私はその会社をすでに退職しています)
ところが、いつの間にか無断で会社を辞め、返済が滞るようになって不安に思っていたところ、先日自己破産の申し立てをする旨、代理人の弁護士からレターが届きました。
内容を確認すると、サラ金からの借金の総額は私が聞いていたよりずっと多く、全額返済はウソということが分かりました。
このような場合、相手は初めから返済できないことを知りながら、ウソをついて私から借金し、その後もごまかし続けたわけですから、免責不許可事由に相当すると思いますが、いかがでしょうか。
発端からすべてのやりとりはメールで行い、すべて保存してあります。
これを証拠に裁判所に申し立てたいと思いますが、どうすればよいでしょうか。

破産手続開始申立の1年前から破産手続開始申立の間に、実際には支払困難であるのにそうでないと詐術を用いて借入を行なった場合は、免責不許可事由に当たるとされます(破産法252条1項5号)。
本件では、上記事実関係の通りであれば、免責不許可事由に当たる可能性が高いでしょう。

現在、弁護士から通知が来た段階ですと、まだ破産手続開始申立には至っていないと思われます。
今後申立てがなされた場合には裁判所から通知が来ると思われますので、破産手続開始後に裁判所に免責不許可意見を述べることは可能です。
ただ、不許可事由があっても、実務上は裁量免責により免責許可となる事例が大半である点に注意する必要があります(同条2項)。

仮に免責自体が許可された場合であっても、悪意でくわえた不法行為に基づく損害賠償請求権として非免責債権に当たると主張する余地がないとは言えませんが(同法253条1項2号)、非免責債権該当性も争ってくると予想される点に注意する必要があります。

2017年07月07日 00時02分

詐欺的な借入で免責不許可事由にはあたりそうですね。
話を整理して書面化して裁判所に提出したうえで、免責
審尽期日に出廷して意見を述べます。
ただし、そのような場合でも裁量免責という取り扱いを
されることが極めて多いですね。
思ったように行かないかもしれません。
その弁護士にも書面を送って見たらいいですね。
債権者リストから外すかもしれませんし、免責決定後
に自然債務として支払をすることを言ってくるかもしれませんからね。

2017年07月07日 09時49分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

配偶者による返金は偏頗弁済に当たるのか。

自己破産 2020年03月10日

只今破産手続き準備中です。 弁護士さんにお願いして2年分の通帳コピー 源泉徴収等、家計収支表1ヶ月分を提出した所です 毎月一定額を振り込み貯まったら破産申し立てをする計画ですが この場合破産申し立てをする直前2〜3ヶ月分の家計収支表を...

配偶者が返金したら偏頗弁済に当たるのか

自己破産 2020年03月10日

夫が自己破産手続き中です。 返済の催促等は手続きで止まっている状態です。 3つ質問があります 1.妻の口座に妻の母親から援助がありましたが 使わなかったので引き出して 妻が手渡しで返金しました。 偏頗弁済に当たりますか? 2.その口座...

自営の親が入院中で痴呆も出てきたが自己破産の申請ができるか確認したい。

自己破産 2020年01月12日

親(73歳)が個人事業主として自営業を実施しておりましたが病気で倒れ、入院中です。退院後もそのまま介護施設ヘ移り、仕事は辞める予定です。 銀行やカードローンの借金が約250万、取引先の買掛金が請求書を見る限り200万程度(実際の所はわ...

賃金仮払いで作った借金、自己破産できますか?

自己破産 2020年01月07日

不当解雇訴訟で賃金仮払いをしていましたが、驚くことに敗訴になりました。 例えば税金の借金や、刑事罰で作った借金は自己破産できないと聞きます。 もはや自己破産するしかないのですが、この様な債権で自己破産できますか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する